NHS CON 9 TOKYO 2004

The Akasaka Prince Hotel

NHS CONVENTION 9
TOKYO 2004
JOURNEY TO
NIKON's BIRTHPLACE

はじめに

ニコン・ヒストリカル・ソサエティ(The Nikon Historical Society, NHS)は、 世界に400名を超える会員を有するニコンの愛好家組織だ。本部は米国シカゴにある。 会長は、レンジファインダーニコンの著者で有名な、ロバート・ロトローニ氏である。

2004年は東京で、第9回の大会が2月23日から25日まで開催された。 大会のサブタイトルは、「ニコンの聖地への遥かな旅」である。 極東のメトロポリス東京は、会期中は春のような暖かな日が続いた。 世界中から集まった80名を超える参加者は、豪華な顔ぶれのコンベションに満足した。 スケジュールは以下の通りであった。

- 2月21日(土)   赤坂プリンスホテルで事務局打合せ、新宿探索
- 2月23日(月)   日本カメラ博物館でオープニングと講演、ニコン展見学
- 2月24日(火)   ニコン大井を見学し関係者との懇談会、浅草観光
- 2月25日(水)   銀座松屋の中古カメラ市初日に参加、ディナーパーティー

なお、私は2月24日のイベントには都合で参加できなかった。 しかし、残りのスケジュールは運良く参加することができたので、写真レポートを掲載できた。 参加できなかった方も、大会のふんいきなど、感じていただければと思う。

RED BOOK NIKKOR
秋山 満夫

記事のご案内

 ではレポートをご覧ください。
レポート 1  2月21日 赤坂プリンスホテルで事務局打合せ、新宿探索

ショートカットはこちらからです。

レポート 0    トップページ
レポート 1    2月21日 赤坂プリンスホテルで事務局打合せ、新宿探索
レポート 2    2月23日 日本カメラ博物館でオープニングと講演
レポート 3    2月23日 日本カメラ博物館でニコン展見学
レポート 4    2月25日 銀座松屋の中古カメラ市初日に参加
レポート 5    2月25日 赤坂プリンスホテル旧館でのディナーパーティー

講演資料

NHSコンベションで、私は工業用ニッコールレンズについて講演させていただく機会を得た。 以下の資料は、秋山が当日講演した内容である。

資料 1    講演スライド(PDF)
資料 2    講演の配布資料(PDF)
資料 3    展示したレンズの説明資料(PDF)

The Wonderful World of the Industrial Super Nikkor Lenses
Michio Akiyama

2021年のあとがき

この記事のオリジナルは、2004年3月当時に書いたものです。 長くそのまま公開していましたが、2021年12月に日本語版/英語版ともに大改訂を行いました。 実に17年ぶりの更新です。 この改訂では主に画像品質に着目し、画像を縮小しない本来のサイズで表示するように直しました。 それでも当時撮影した原板が横 640ピクセルと、今となっては非常に小さいのですが、そこは大目にみてください。 画像はこの機会に追加し増強しました。 記事の流れについても見直しを行い、原則的に時系列でまとめ直しました。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Michio Akiyama, Tokyo Japan 2004, 2021