APO EL Nikkor 210mm F5.6

アポエルニッコール 210mm F5.6

Abusolute Delicious Lens
APO EL Nikkor 210mm F5.6
Heavy Metal Glasses
Dynamic and Elegance
Excellent Micro contrast Lens

アポエルニッコール 210mm F5.6

観賞用レンズから実用レンズへ

アポエルニッコール 210mm F5.6を入手したのはずいぶん昔のことだ。 2003年は夏の入口の頃だろうか。 専用の木製収容箱、金属削り出しの前後のキャップ付きだった。

2003年7月のログによると、ニューヨークの B & H 社のリストプライスは6,848ドルだった。 それが特別価格ということで4,873ドル。さすがに Add to cart のアイコンをクリックする根性もなく、 私のはUSEDで国内で調達した。 さて、入手はできたが、レンズのマウントは82mm径(ピッチ1.0mm)のネジマウントである。 使ってみたいが敷居はかなり高い。 素人さんは使うなというメッセージが込められていたように思えた。

しばらくは「観賞用レンズ」となっていた。 専用の豪華収納用木箱付きだったのでお道具の世界である。 ニコン研究会の例会にレンズを木箱と共に持ち込んで披露したこともあったが、 実際に撮影できないレンズではおもしろくない。

レンズを手に入れてから3年が経過した。 2006年になると事態が大きく前進した。 実はウルトラマイクロニッコール165mm F4用にマウントアダプターの開発を進めていたのだ。 UMN 165mm F4は82mm径(ピッチ1.0mm)のネジマウント。 つまり、アポエルニッコール 210mm F5.6のマウントと同じなのである。

特注の特殊ネジマウント(82mm⌀、P=1)アダプター
スパルタンに凝ってスパイラル加工された内部構造 2006年製作

専門家の力を借りて機械設計を行い製造手配。この製造手配が難しい。 金属切削加工から黒アルマイトめっき、そして精密組み立てまで、 一貫して請け負ってくれるところがなかなかない。 それでも専用のマウントアダプターの特注品が2006年に完成した。

82mm径(ピッチ1.0mm)のレンズをニコンFマウントのカメラに装着できるように設計されている。 ニコンFマウントが確保できれば、ニコン純正のニコンFTZマウントアダプターを介して、 ニコン Z シリーズの高性能ミラーレス機にも装着が可能となる。

もともと、重量2キロを超えるウルトラマイクロニッコール165mm F4用に専用設計したマウントアダプターである。 航空エアロパーツ用の最高級ジュラルミン(超超ジュラルミン、ESD)をブロックから削り出して、 高度なスパイラル旋盤加工で軽量化と強度増加を図っている。 重いレンズでも頑強に正確にマウントできるので心強い。

ニコンFマウントとなったレンズ

特殊ネジマウント(82mm⌀、P=1)アダプターを介して、 レンズをニコンPB-4ベローズに装着した姿を見ていただこう。 まるでニコン純正アクセサリーのようにピタリとフィットする。 堅牢性も十分である。

ニコンPB-4ベローズとAPO EL 210mm F5.6

レンズ後部の直径が大きいためそのままだとPB-4ベローズの前部機構にぶつかって取り付けられない。 スペーサーとしてニコンM2リングを入れると、スムーズに取り付けることができる。 背景に設えを置いたのは専用の収納木箱。内装ビロード張りの豪華版。 やはりお道具には極め箱が必須である。

ニコンPB-4ベローズで焦点を合わせる

アポエルニッコール 210mm F5.6の写り

ずいぶん昔に撮影した画像ではあるが、アポエルニッコール 210mm F5.6の写りを見ていただきたい。 カメラはニコンD70である。 2006年の秋に撮影した。 今となってはかなり古い、数値性能的には非力なデジタル一眼レフである。 しかしながら、出てきた絵は決して古くなく、新鮮で華麗な映像だったのでここに掲載することにした。

木漏れ日の下で撮影機材近影
アポエルニッコール 210mm F5.6とニコンD70
(撮影年は2006年10月)

ニコンD70の絵(撮影年は2006年10月)

お花の名前は「イヌサフラン」というらしい。イヌサ・フランではなく、犬サフランだ。 葉がなくいきなり土から花が咲いているような印象。 トリカブトと並ぶ毒草とか。しかしその姿は美しい。 アポエルニッコール 210mm F5.6の色彩表現能力は実に素晴らしい。 明るい桔梗色と菖蒲色が手彩色の植物図譜のように正確に記録されている。

ニコンD70の絵(撮影年は2006年10月)

APO EL Nikkor 210mm F5.6 初代の気高い昭和浪漫な古風な映り。 日本の伝統色である桔梗色(ききょういろ:#5654a2)を叩き出す稀有なレンズ。

ニコンD70の絵(撮影年は2006年10月)

植物には感情があるので、やはり目を向けられると嬉しいらしく、 無表情だった道端の花がシャキッと姿勢を正し、みるみるうちに輝きだした。 色温度の測定はしなかったが、あきらかに華麗でゴージャスな色彩を放ちだした。 そうなると絶対色音感を有するアポエルニッコールは強い。 ヒトの目では見えない波長域までしっかりと撮像素子に伝搬した。 コダクローム64が現役だったらぜひともフィルムでも撮影したいものだ。

ニコンD70の絵(撮影年は2006年10月)

2010年頃の話と記憶しているが、優れた性能を有するデジタル一眼レフ機が出揃った背景で、 海外では高性能レンズの一つの評価指標として 「マイクロコントラスト(Micro contrast)」を提唱する人たちが出てきた。 サフランの写真を撮影した2006年当時は適切な評価表現がなかったが、 後になって、アポエルニッコール 210mm F5.6はマイクロコントラストに優れたレンズである確信が持てた。

こんな道行の誰も注目しない道端の風景にレンズを向けた
アポエルニッコール 210mm F5.6とニコンD70
(撮影年は2006年10月)

アポエルニッコール 210mm F5.6

アポエルニッコールのこと

ここでレンズのことを詳しく説明しておきたい。 従来から写真製版用レンズのアポニッコールがあった。 また写真引き伸し用レンズではエルニッコールが有名だ。 簡単に言って二つ足したようなネーミングであるが、 その大きなプリンシプルにもとづく基本機能と性能諸元はかなり気合が入っている。

アポエルニッコール 210mm F5.6

アポエルニッコール210mm F5.6は2種類存在する。 アポエルニッコール210mm F5.6とアポエルニッコール210mm F5.6Nである。 ニコンでは前者を旧タイプ、末尾にNがついている後者を新タイプと称している。 末尾のNはNewタイプ(バージョン)という意味だと思う。

正確に話をするために、一次資料である日本光学が発行した資料から、 旧タイプの製品セールストークをまとめた。 色枠内に原文のまま引用させていただいた。

アポ・エル・ニッコール

小型のカラー原稿をもとにして10倍前後の拡大印刷版を造るには、 従来エル・ニッコールが使用され好評を得ておりますが、 技術の飛躍的な進歩とともに、さらに高性能なものが要求されるようになってきました。 これに応えるべく開発されたレンズがアポ・エル・ニッコールです。

アポ・エル・ニッコールは特殊な光学ガラスの組合わせにより、赤、緑、青 3色だけでなく、 可視光全体にわたり色収差を除去した拡大分解専用レンズです。 従って、大きく拡大しても色によるピントのずれや寸法誤差はありません。 また、このレンズでは画角を欲張らず、 必要な画面内において他の収差も良好に補正されているため、 現在得られるどんなカラー原稿をも上回る高い解像力をもっております。

さらに表面反射によるカブリを防止するため、レンズ面に多層膜コートが施されており、 原稿のディテールを忠実に再現するヌケの良い画像が得られます。 アポ・エル・ニッコールは、これらのすぐれた特性により、 ほぼ完全な拡大分解製版を可能にします。

特長

●拡大分解専用のレンズで倍率変化による差が少ないため、 指定倍率内なら、ほぼ完全な拡大分解製版が行なえます。

●理想的アポクロマートですから拡大にも色によるピントのずれや寸法誤差はありません。

●開放絞りで、色収差その他の諸収差がほぼ完全に補正されていますので、 次のようなお使い方をおすすめします。

  レンズの焦点距離と絞り   原稿サイズ
  APO EL 105mm F5.6   35ミリ判
  APO EL 105mm F8   6 X 6 判
  APO EL 210mm F5.6   6 X 6 判、35ミリ判
  APO EL 210mm F8   4 X 5 インチ判

出典:
日本光学工業株式会社発行 「Nikkor」カタログ
昭和49年(1974年)2月1日発行
資料コード 8200-01G JC 403-2 2

次に末尾にNのついた新タイプのレンズの説明を見ていただこう。 「抜群の性能を発揮する」など優れた性能を示すアピール感が心地よい。 自信をもって製品化したレンズへの愛着が見える。 日本の製造業はこうでなければならない。

アポ・エル・ニッコールについて

アポ・エル・ニッコールは、カラー原稿の、より精密で色収差の小さい拡大像を得るために 研究開発された高解像力アポクロマートレンズである。 アポ・エル105mm F5.6Nと210mm F5.6Nは旧タイプのアポ・エルに替わり、 昭和55年に性能がさらに向上され、かつコンパクトになって登場した。 オルソメタータイプをさらに発展させた4群8枚構成で、 つぎに述べる2つの大きな特長をもっている。

(1)自社製の異常分散の性質をもつEDガラスを2枚使用することにより、 アポクロマートの色収差補正がなされている。 このため、波長380〜750nmの範囲にわたり軸上色収差、 倍率色収差ともに完ぺきなまでに補正されている。

(2)コマ収差、像面湾曲等の諸収差がきわめてよく補正されているので、 絞り開放から非常に高い解像力をもち高コントラストの像を生み出す。

上記の大きな特長に加えて、対称型のレンズ構成を採用しているので、 大きな包括角度をもつにもかかわらず歪曲収差が非常に小さく、 歪みのない像を再現する。 また倍率が変化しても性能の変化が非常に小さいので、 基準倍率以外の倍率においても優れた性能を発揮する。 ニコン独自の多層膜コートと優れて内面反射防止技術により、 コントラストを低下させるカブリなどもきわめて少ない。

このほか、引伸し用レンズとして必要な要素を充分考慮して設計がなされており、 周辺光量も充分である。 したがって、カラー原稿からの精密な引伸し作業にはもちろんのこと、 写真製版での精密カラー拡大分解等に最適で、その性能を遺憾なく発揮する。 黒白の拡大作業にも優れた性能を示すことはいうまでもない。

ますます高解像力でしかも色収差の少ないレンズが要求されているので、 このアポ・エル・ニッコールの活躍する場がさらに広がっていくであろう。

●アポ・エル・ニッコール210mm F5.6N

4×5″および5×7″判の精密カラー引伸し用に設計されたレンズである。 105mmと同じように旧タイプの210mm F5.6に替わり、昭和55年に発売された。 F5.6で4×5″判を、F8で5×7″判をカバーする。

アポ・エル105mm F5.6と同じく4群8枚構成で、 EDガラス使用により厳密なアポクロマートになっている。 したがって色収差がきわめて小さく、 エル・ニッコールでは不満足な場合のカラー引伸し作業 あるいは写真製版での拡大色分解には最適である。 色収差以外の単色収差も驚くほど小さく補正されており、 絞り開放よりきわめて高い解像力とコントラストが得られる。 対称型のレンズ配置により歪曲収差も非常に小さい。

このため、高解像力を必要とし、 歪みをきらう精密拡大複写あるいは縮小複写に抜群の性能を発揮する。 周辺光量も充分あり、F8に絞れば5×7″判の画面内で口径食0%となる。 基準売留津は5倍で、倍率変化による性能の変化も小さいので、 標準使用倍率範囲3〜10倍内で優れた性能を示す。 前後部両方にネジマウントが切ってあり、どちら側からも取付く。 座金も付属しているので、これによる取付けも可能。 重量は830gと旧タイプの2/3になっている。

出典:
ニコンテクニカルマニュアル
*英数字の大文字と小文字の使い分けは原文のまま。

アポエルニッコール 210mm F5.6

テクニカルデータ

前で述べたとおり、アポエルニッコール210mm F5.6は2種類存在する。 アポエルニッコール210mm F5.6とアポエルニッコール210mm F5.6Nである。 ニコンでは前者を旧タイプ、末尾にNがついている後者を新タイプと称しているのでこれに従う。 本記事で実写作例を含めて取り上げているのは、この旧タイプのレンズである。 まず最初に旧タイプのレンズについて説明しよう。

(1)旧タイプのレンズ

アポエルニッコール210mm F5.6

−焦点距離: 210mm
−最大口径比: 1 : 5.6
−最小絞り: F45
−絞り目盛: 1/3づつのステップ
−レンズ構成: 4群8枚
−基準倍率: 5X
−標準使用倍率範囲: 3X〜10X
−画角: 38度20分
−色収差補正波長域: 380nm〜700nm
−口径蝕: 0%(F8にて)
−歪曲収差: +0.07%
−原稿サイズ: 156mm⌀
−基準倍率における原板から画像までの距離: 1501.6mm
−フィルター径: 77mm P=0.75mm
−マウント: 82mm P=1mm
−直径: 98mm
−長さ: 114mm
−重量: 1220g
−重量実測: 1264g
−発売時期: 1971年6月
−当時の価格: 330,000円(1974年 6月)
−当時の価格: 330,000円(1977年12月)

1974年(昭和49年)6月当時の価格が33万円。 本サイトは中学生の方もご参照いただいているので参考のために言及すると、 当時の国鉄の初乗り運賃(最低運賃)は30円だった。 翻訳すると現在のJR山の手線一区間、つまり代々木で乗って原宿で降りると30円だったのである。 現在切符を買うと140円なのでその4倍強。 いまの感覚だと、NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct より高価だったと言えば、 なんとなくそのステータスをご理解いただけると思う。

(2)新タイプのレンズ

レンズ本体にNの刻印が入っているわけではなく、カタログや価格表などの紙資料だけに見ることができる。 外観が大幅に異なり軽量化されている。性能諸元で注目すべき点は、色収差補正波長域である。 近紫外域の380nmから近赤外域の750nmまである。750nmまで補正するレンズはあまり見当たらない。 このあたりはプリンティングニッコール(なんと800nmまで補正)と同じ意気を感じる。

アポエルニッコール210mm F5.6N

−焦点距離: 210.4mm
−最大口径比: 1 : 5.6
−最小絞り: F32
−絞り目盛: 1/3づつのステップ
−レンズ構成: 4群8枚
−基準倍率: 5X
−画角: 45度
−色収差補正波長域: 380nm〜750nm
−口径蝕: 0%(F8にて)
−歪曲収差: -0.02%
−原稿サイズ: 153mm⌀(F5.6にて)4×5″判
−原稿サイズ: 210mm⌀(F8にて)5×7″判
−基準倍率における原板から画像までの距離: 1512.3mm
−フィルター径: 67mm P=0.75mm
−マウント: 72mm P=1mm
−重量: 830g
−発売時期: 1980年
−当時の価格: 330,000円(1987年 1月)
−当時の価格: 6,848ドル50セント(2003年 7月、B&H New York, List Price)

アポエルニッコール210mm F5.6Nのレンズ構成図

ニコン Z 写真帖

ニコン Z 6 にアポエルニッコール210mm F5.6を装着した。 ニコンFTZマウントアダプターをセットしたニコン Z シリーズのボディは、 ニコンPB-4ベローズと相性がよい。 FTZマウントアダプターの電子接点への干渉とか不都合いっさい無しに装着できる。

APO EL Nikkor 210mm F5.6 and Nikon Z 6

ニコン Z 6 にはニコン純正のFTZマウントアダプターを装着。 そのままニコンPB-4ベローズにマウントする。 PB-4ベローズの撮影レンズ側にはニコンM2リングを装着。 そこにアポエルニッコール210mm F5.6をマウントした。

Nikon Z 6 + FTZ + Bellow PB-4 + M2 Ring + APO EL Nikkor 210mm F5.6

フォーカスはPB-4ベローズの焦点調節ノブで行う。 重たいレンズでもスムーズに動く。 ニコンPB-4ベローズの精密かつ頑丈な機構は、 ミラーレス機 Z シリーズの時代になっても第一線で安心して使用することができる。

APO EL 210mm F5.6, ASA 200 F8 1/2500 sec. -0.7

画像はいつもの無限遠撮影の定点撮影ポイント。 京王線多摩川橋梁。直線で約500メートルから600メートル先の景観である。 撮影はすべてカメラにまかせた。秋の日没近くの時間帯。 重厚な色味がほしくて露出をマイナス0.7にして意図的に詰めてみた。 狙いとおりの雰囲気を持つ絵が出てきた。

APO EL 210mm F5.6, ASA 200 F8 1/2000 sec. -0.7

APO EL 210mm F5.6, ASA 200 F8 1/1600 sec. -0.7

APO EL 210mm F5.6, ASA 200 F8 1/1600 sec. -0.7

何回もこの場所に立っているが、普段は見慣れない鳥の群れ。 何かを察知してリーダーは群れを導きどこかに避難していたのだろうか。 実はこの撮影を敢行したのは2019年10月9日。 令和元年東日本台風(台風19号)が首都圏をアタックしたのは同10月12日。 その3日前の映像である。多摩川流域も甚大な被害を受けた。 下流では武蔵小杉の高層タワーマンションが長期に渡り浸水による停電で社会問題となった。 そんな背景を知るとなにやら凄みのある色彩に畏怖の念をいだく。

APO EL 210mm F5.6, ASA 200 F8 1/2500 sec. -0.7

アポエルニッコール 210mm F5.6の撮影姿

新鮮な光線下で

ニコン Z 写真帖の前段では落ち着いた光線下の画像を見ていただいたが、 盛夏真夏日 南南西の風 風力2 晴れ 1020ミリバール 炎天下午後2時過ぎの情況で、 マイクロコントラスト特性に優れたアポエルニッコール 210mm F5.6レンズで ゼットした画像を見ていただきたい。

APO EL 210mm F5.6, ASA 200 F8 1/800 sec. -0.3

APO EL 210mm F5.6, ASA 400 F5.6 1/500 sec. +0.7

絞り開放のF5.6で撮ってみた。 絞り開放からキレッキレのカミソリのように鋭利な絵が出てきた。 もともと絞り開放F5.6から最高性能が出ると、睨みを添えて日本光学が口上を述べたレンズだ。 ほんとだった。

APO EL 210mm F5.6, ASA 800 F8 1/1000 sec. -0.7

アポエルニッコール210mm F5.6は精密な科学写真を撮影するのに適している。 本物のアポクロマートレンズなので、色彩の再現性は完璧だ。 思想的には太いものがあるが、繊細で緻密な描写をする。 木の幹に映る強い影さえも意思と風情を構成している。

アポエルニッコール 210mm F5.6の撮影姿

APO EL 210mm F5.6, ASA 800 F8 1/250 sec. -0.3

夏の生命感まる出し。ただ緑の草木である。名前はないし誰も見ていない。 ましてや写真に撮るなんて人はいない。 アポエルニッコール210mm F5.6の精密描写にふさわしい被写体はただの草木かもしれない。 気配を写せるレンズはそうはない。 1970年代のエクタクローム64のような涼し気で品格ある写りが嬉しい。 アポエルニッコールの持つ優れたマイクロコントラスト特性がよく出ている絵といえる。

APO EL 210mm F5.6, ASA 800 F8 1/2000 sec. +0.3

乾いたクレイの小道。風の通り道でもある。 その先はよくわからない。 日常に存在する結界が見えてくるようになった。

本格派レンズ・シェード

もともと暗室とか管理された光線下の室内で使用することが前提のレンズである。 レンズ前玉がかなり前に出ている。 野外で撮影すると予期しない光が前玉にかぶっている。 これではいくら超高性能レンズでも実力を発揮できない。 ぜひレンズ・シェードを付けたい。レンズフードではない。 ハレ切りには言葉の意味から言ってシェードである。

アポエルニッコール210mm F5.6はフィルター径が77mmである。 この径用のレンズフードを持っていない。 本格派であればムービーキャメラ用の非常に高価なレンズに装着するレンズ・シェードを付けたいところだ。 ハッセルブラッド用の蛇腹式レンズシェードもいいかもしれない。 でもここは夏涼しい黒い帽子を活用した。 こんな簡単なシェード(余計な光遮蔽装置)を使うだけで、写真画像のヌケは極めてよくなった。

理想的アポクロマート

色収差その他の諸収差がほぼ完全に補正されている。 繊細な花の微妙な昭和浪漫ただよう色彩再現から、 ダイナミックな力強い、コダクローム64のような重厚なカラー表現もかるくこなす。 理想的アポクロマート。頼りになるレンズである。

ダイナミック・アンド・エレガンス
アポエルニッコール 210mm F5.6

1971年(昭和46年)6月。東京新宿に超高層ビル「京王プラザホテル」が開業。 そして理想的アポクロマートレンズ「アポエルニッコール210mm F5.6」の発売。 それから半世紀は50年が経過したいま。 写真暗箱の主流は、フィルム式の一眼レフからデジタル一眼レフへ、 そしてミラーレスデジタル一眼機に変わった。

だが絶対色音感を誇るレンズの色収差補正波長域は変わらず、 定年退職もせずに現役時代そのままの孤高のハイエンド最高解像力まる出しの働きをしている。 すこしは休んでください、と言ってはみたが聞いていただけなかった。

理想的アポクロマートレンズ
アポエルニッコール 210mm F5.6

あとがき

本記事の初稿は2020年8月にリリースしました。 レンズを入手してから実に17年越しの公開となりました。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Michio Akiyama, Tokyo Japan 2020