Nikon Museum Special Collection 2

ニコンミュージアム

企画展「コレクション展 2」

展示期間: 2020年9月29日(火)〜2021年1月30日(土)
開催場所: ニコンミュージアム(品川インターシティC棟、東京都港区)
展示内容: カメラ、測定機器、産業用装置など、約60点   NIKONOS水中写真

ニコンミュージアムでは、2020年9月29日から2021年1月30日まで、企画展「コレクション展2」を開催します。

本展は、昨年開催して好評を博した「コレクション展」の第2弾となります。 ニコンミュージアムが所蔵する約4万点の資料の中から、 水中カメラ「NIKONOS(ニコノス)」シリーズ6機種を水槽に入れて水中展示するほか、 ニコン双眼鏡の前身である藤井レンズ製造所製作の双眼鏡、 1930年代から1940年代の写真用レンズ、そのほか測定機器など、約60点を展示します。

1910年代から1990年代までの幅広い時代から選出された製品を通して、 ニコンの製品や技術の進化をご覧いただく貴重な機会となります。

主な展示物
「ニコノス」シリーズ、藤井レンズ製造所製の双眼鏡、 1930年代の写真用レンズ(Nikkor 50mm f/3.5 試作品、Hermes 5.5cm f/3.5、ほか)、 その他の機器(特殊撮影用レンズ、測距儀、X線撮影用レンズ、分光計など)

ニコンのウェブサイトより収録転載

前回 2019年4月の「ニコンミュージアム秘蔵コレクション大公開」は、 ニコンマニヤ、日本光学エンスー、日本光斈好事家にとっては大きな衝撃でした。 さて今回。1年半の準備をかけて、さらなる秘蔵コレクションが出るとの話。 SNSを通してとんでもないレンズが出展されているとのタレコミが入り非常に気になりました。 100年に一度のきわめてレアな企画展とのこと。 まずは行って自分の眼で見るしかない。

2020年10月。ニコン研究会取材クルーの約1名はコロナ禍の東京・品川に上陸。 さっそくニコンミュージアムに乱入したのであります。

取材ご協力:株式会社ニコン ニコンミュージアム
取材とレポート:秋山満夫

GO TO ニコンミュージアム

東京は秋の好日。爽快。GO TOなにやらキャンペーンが始まっているようです。

東京・品川

ブリリアントなニコン本社

フロアー全体が神々しく光り輝いています。 頼もしい日本の正義は美しい旭日旗。

ニコンミュージアム入口

画像の上で左クリックすると、大きいサイズの画像を表示できます。 細部までを確認したい方はどうぞ拡大してご覧ください。

 では会場に入りましょう。   第 1 章  1930年代 SUNAYAMA Nikkor

ショートカットはこちらからです。

第 0 章      トップページ
第 1 章      1930年代 SUNAYAMA Nikkor
第 2 章      特殊用途 Aero Nikkor
第 3 章      X線 Regno Nikkor
第 4 章      旧軍機器、測定器、双眼鏡
第 5 章      オールアバウト・ニコノス

ニコンミュージアム

Return to the top page of Nikon Kenkyukai


Copyright Michio Akiyama, Tokyo Japan 2020