Special Exhibition "Astronomical Telescopes"

ニコン天体望遠鏡

企画展「星の美しさを伝えた天体望遠鏡たち」

展示期間: 2021年3月2日(火)〜2021年7月21日(水)
開催場所: ニコンミュージアム(品川インターシティC棟、東京都港区)

ニコンミュージアムでは、2021年3月2日から7月21日まで、 企画展「星の美しさを伝えた天体望遠鏡たち」を開催します。

ニコンは創業以来、小口径のものから天文台に設置される大型機まで約40機種の天体望遠鏡を製造し、 天文愛好家の観測活動や天文学の発展を支えてきました。 現在もニコングループの株式会社ニコンビジョンより天体望遠鏡アイピースが製造・販売されており、 優れた光学性能により快適な天体観測を実現しています。 天体望遠鏡は、ニコンの歴史を語る上で欠かすことのできない製品の1つです。

本展では、1920年に販売したニコン(当時:日本光学工業)初の天体望遠鏡「三吋(3インチ)望遠鏡」 の実物展示をはじめ、 対物レンズの口径が10cm以下の10機種をメインに、 1931年に国立科学博物館(当時:東京科学博物館)に設置され、 70年以上にわたり500万人以上に天体の魅力を伝えた「二十糎(20センチ)赤道儀」の対物レンズ、 戦前の製品カタログなどを展示。
ニコングループの従業員および元従業員が撮影した 約130枚の天体写真のスライドショーも併せて上映します。

ニコンのウェブサイトより収録転載

ニコンミュージアムで天体望遠鏡をテーマにした企画展が開催されると言う。 これは会期中にいつか行かなくてと思っていたところ、 中の人によるSNSの書込み(タレコミとも言う)で会場全景の画像がアップされた。 天文台に設置する大型望遠鏡ではなく、高級アマチュア天文家が愛用する小口径望遠鏡群だ。 画像の後ろに見慣れない小口径反射望遠鏡らしき物体がチラっと写っている。さてこれは何だ? どうも気になるので現物を確かめたく、企画展オープンの2日目、国鉄山の手線で品川に着陸した。

当日は、ニコンミュージアムの宇田川和也様にご案内をいただき、 まことに恐縮ながら、ここだけの話満載のご説明をいただきました。 お忙しいところお時間を割いていただき、ありがとうございました。

取材ご協力:株式会社ニコン ニコンミュージアム
取材とレポート:秋山満夫

ニコンミュージアム

記事のご案内

画像の上で左クリックすると、大きいサイズの画像を表示できます。 細部までを確認したい方はどうぞ拡大してご覧ください。

 では会場に入りましょう。   第 1 章  ニコンの天体望遠鏡

ショートカットはこちらからです。

第 0 章      トップページ
第 1 章      ニコンの天体望遠鏡
第 2 章      二十糎(20センチ)赤道儀
第 3 章      アマチュア天文家の黄金時代
第 4 章      天文ニコンの現在

Return to the top page of Nikon Kenkyukai


Copyright Michio Akiyama, Tokyo Japan 2021