Ultra Micro Nikkor 28mm F1.8 Red Point

赤い文字のM=1/10倍率刻印が目印のウルトラマイクロニッコール28mm F1.8

目に鮮やか赤い刻印

ウルトラマイクロニッコール28mm F1.8赤文字入り。
魅力的なレンズは小さくても、どこかかわいいところがある。
たとえば、お道具拝見の場で、興味のある人にレンズをみてもらう。
現物をはじめて手にする方は同じことを言う。
「意外と小さいね。」
「超高解像度レンズだから、もっと大きいかと思った。」

ウルトラマイクロニッコールは超高解像度レンズではなく、 極超高解像度レンズだ。
極めが冠されている。ウルトラのウルトラたるプライドだ。 名レンズの誉れ高いウルトロンとは分野こそ違うが、 どちらも誰もが認めるその分野の達人である。

製造数はいぜん不明

ウルトラマイクロニッコール28mm F1.8には、たくさんの種類・ バリエーションがあるが、いちばん数が作られたのは、 この中期型の赤文字入りではないか。
赤文字とは、M=1/10と刻印され鮮明なラッカーが流し込まれているその文字を指す。
Red Pointと言って区別している。 いちばん製造されたのではないかと考えたのは、市場の出現数からの仮説だ。

株式会社ニコンにオフィシャルに問い合わせても、 現状(2001年の秋時点)では製造数は不明だった。 カメラやカメラ用レンズと違って陽の目をみなかったレンズだ。 しかたのないことだと思う。 ただ、情報は生き物であるから、 このサイトのように物好きがひたすらエールを送っていれば、 おのずと情報も出てくるものと信じる。古い情報は、新しい時代で見出されるからだ。

テクニカルデータ

ウルトラマイクロニッコール28mm F1.8のオリジナル性能をみてみよう。

−焦点距離: 28.2mm
−最小絞り: F1.8
−レンズ構成: 7群9枚
−基準倍率: 1/10X
−色収差補正波長域: 546.1nm (e-line)
−歪曲収差: 0.002%
−解像力: 600本/mm (8mmφ), 650本/mm (7mmφ), 700本/mm (6mmφ)
−画像サイズ: 8mmφ
−原稿サイズ: 80mmφ
−基準倍率における原稿から画像までの距離: 315mm
−重量: 330g

歪曲収差が 0.002% というのは性能限界に近い。
もちろん解像力700本/mmは、驚愕ものである。

小さいレンズだけど驚愕の解像力は700本/mm

幻の製造技術

静寂のなかにウルトラマイクロニッコール28mm F1.8で景色を構成した。
さきほどまでセルリアンパープルだったコーテングが、 大気の宇宙線か素粒子に反応してマンダリンオレンジレッドに輝き出した。
部屋にいて静かで、外気で元気になるのはしかたないことだった。
生まれてこのかた、一度も外の空気に触れていないから、 日本の風景がなつかしいのかもしれない。 現存するウルトラマイクロニッコールをいくつか鑑定してみたが、 カメラ用レンズとの決定的な違いがあった。 これはいくら古いレンズでも、外観がいたんでいるレンズにも見られた。
それは、レンズが異様にきれいな点だ。内部にホコリさえ入っていない。
焦点合わせのいわゆるピントリングがないため、外気を吸い込まないためか。
あるいは、鏡筒が特別の構造で密閉されているとか、 内部に乾燥空気や窒素ガスが充填されているのか。 一部の軍用双眼鏡になると、 特殊なガスが充填されていて鮮鋭度や可視性を高める効果を持つという。 旧ソヴィエト時代の国境警備専用の双眼鏡などで採用されていた。

静寂のなかに佇むウルトラマイクロニッコール28mm F1.8

謎か伝説は幻か

ウルトラマイクロニッコールには、 そういった希少類でレアな空気意外の気体が充填されていたのか、 大井町の飲み屋の香りが充填されていたかは不明である。
これも、ウルトラマイクロニッコールの謎としてここに記録しよう。
いずれ真相が解明されるものと期待している。

疑問は声に出さないと、だれもこたえてくれない。
謎や伝説、そして仮説だらけで、まったくの手付かずの世界が、 人を「幻のウルトラマイクロニッコール」といわせるのだ。

夢は幻。
幻のままで滅びるのも美学であるが、 世界遺産的なレンズは後世まで残さないといけない。
もう二度と作らない、作れないレンズがウルトラマイクロニッコールなのだ。
設計仕様がまず決定され、夢を実現するためならばどんなに高価な素材でも集められ、 群を抜く製造技術、検査技術で出来上がった作品なのだ。
価格はそれから決めた。
価格をまず設定し、もうけを見越した残りで材料を揃えて作り上げる 現代の正しい考え方を無視した時代のレンズだ。

夢は幻。
でもここに生きている。

2016年の追記

ここまでのコンテンツは2001年12月当時のものです。
時の話題もいまとなっては古くなってしまいました。
大井町の話題に触れていますが、 2015年には、東京は大井町にあったニコンのカメラやレンズの設計部門は、 新しくなった品川インターシティのニコン本社に移転しました。
そして2016年になると、歴史ある大井製作所の101号館が閉鎖され取壊しが決まりました。
でも時代の理解のために、そのままにしておきました。

画像ギャラリー

2016年の見直しにあたり、その後撮りためたウルトラマイクロニッコール28mm F1.8の姿画像を公開します。 レンズを持って森の散歩道を歩いてみました。
深みのあるセルリアンパープルのコーティング。 黒い鏡胴に包まれたレンズブロックから涼しげな森の音が聞こえてきそうです。 盛大な蝉しぐれからヒグラシの時間に移ろうとしています。

掌にウルトラマイクロニッコール28mm F1.8がある

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2016