MACRO Nikkor 12cm F6.3 Strawberry Red

赤いラインが誇らしげなマクロニッコール12cm F6.3

ストロベリーレッド

「赤いイチゴ」はショートケーキの主役である。 白い生クリームの上に赤いイチゴがのって完結する美がそこにはある。
レンズにイチゴをのせるわけにはいかないので、 レンズの黒い鏡胴に赤いエナメルでラインを入れてある。 顕微鏡の対物レンズのように、倍率で色分けしている。
赤が低倍率で白は高倍率なのは、マクロニッコールは顕微鏡の親戚だからだろう。
マクロニッコール12cm F6.3の赤はストロベリーレッドである。

マクロニッコール12cm F6.3。
標準使用倍率範囲は1/3倍 〜 4倍。基準倍率は 1倍。
1993年当時の価格は85,000円。

赤いマクロニッコール12cm F6.3

マルチフォト専用レンズ

マルチフォトのカタログに、赤いラインのマクロニッコール12cm F6.3を2本置いてみた。
大型マクロ写真撮影装置(MULTIPHOT)のカタログは、1991年1月1日版。
おそらくこれが最後の版だと思われる。いまでは、このカタログさえも貴重品だ。
カラーアート紙12ページの科学機材のようなカタログには、 マクロニッコールレンズの紹介と装置を使った撮影方法が説明されており、 なかなかマニヤックでよい。
赤茶色の表紙も、 クールさを全面に出すカメラやレンズのカタログではありえない地味な色使いとなっている。

マルチフォト専用レンズ (撮影年は2001年11月)

前期型と後期型の話

マクロニッコールは、大きく分けて前期型と後期型がある。
前期型は絞りプリセットリングのローレット加工が細かい。 後期型は絞りプリセットリングのローレット加工が荒い。
使いやすさでは、 後期型のほうが絞りプリセットリングのローレット加工が指にしっかりとなじみ、 優位と思える。 しかし、機械的美しさはローレット加工が細かい方が優れているという方もいるので、 好みの問題といえるだろう。

左が前期型、右が後期型

レンズ鏡胴の彫り込みにも注意したい。
前期型はNippon Kogaku Japanと文字が重厚な彫刻で刻印されている。 後期型はNikonとのみ入っている。 どちらも文字の刻印はシャープで仕事が精密だ。

L-F接続リングにも、大きく分けて前期型と後期型がある。
前期型は硬質の金属削り出しで、光沢のある黒金属仕上げとなっている。 後期型は軽金属合金製となり、つやを抑えた金属仕上げとなっている。

最後のセンチ表示

赤いエナメルのラインは、手作業で入れたように、きちょうめんにキッチリと引かれている。
こういう芸は技であって、いまどきのニコンレンズではお目にかかれない。
1991年のカタログに掲載されているマクロニッコール12cm F6.3は、 ミリでなくセンチ表示である。なぜセンチ表示にこだわったのか。
ほかの文字列の刻印は前期から後期で変更されているので、古い仕様のまま製造されたとは考えにくい。 ニコンのレンズ史上、最後の最後までセンチ表示にこだわり、 断固としてすじを通してセンチ表示を敢行したレンズなのである。 褒めてあげたい。

絞りリングのスムースさは、ほかに比べるものがない。
さすが日本光学顕微鏡部門が本気でつくりあげたレンズだけのことはある。
機密性が高いのか、レンズ内にチリが入り込む気配は、ない。

ニコンのベローズPB-4に装着して避暑地の涼しげな木陰にセットしてみた。
ほんらいは大型写真装置として、研究室の片すみの置かれているマルチフォトだ。
でも今となっては、専用レンズを最新型のデジタル一眼レフに装着して、 積極的にフィールドで使ってみたいものだ。
12cm F6.3という他にあまり類を見ない光学仕様のこだわりの孤高のレンズなのである。

ニコンベローズPB-4にマクロニッコール12cm F6.3は最強の組合せ

なお参考までに説明するが、上の画像のようにニコンベローズPB-4を最長に伸ばした状態で、 マクロニッコール12cm F6.3は倍率約1倍となる。
タテ24ミリ、ヨコ36ミリの35ミリフィルム(135)フォーマット、 デジタルカメラで言うところのフルサイズでの条件下である。

唯一無限を見た顕微鏡

顕微鏡部門お墨付きのマクロニッコールで、唯一無限遠がでるのが、この12cm F6.3だ。
そのためか、私がこのウェブを立ち上げてから、興味を持たれるのがこのレンズである。
たしかに、1本だけ持つとしたらこのレンズを私は推薦する。
小さいが非常に高い解像度と鋼性を併せ持つ、頼もしい存在のレンズといえる。
日本光学の顕微鏡部門が作ったL39ライカスクリューマウントレンズという点も特筆ものだ。

気に入っているレンズなので3本になってしまった。
市場でもめったに出てこないレンズだけに、 すでに持っていても目の前を通過した瞬間、反射神経で入手してしまった。
これを機敏な反応というのか。こまったものだ。これもレンズがいけない。

日本光学の顕微鏡部門が作ったマクロレンズ

マニヤ必携の超高解像度レンズ

赤いラインのレッドラインニッコール。
万能レンズとしてマニヤの間では隠れた人気がある。 生物系、とくに標本撮影の医療関係者の評価も高い。 大学の医学部では、いまでも現役をキープしている。
拡大撮影する場合の倍率は、35ミリ一眼レフカメラでは1/3倍から4倍だ。 4×5インチ判の大判写真機では、1倍から4倍。 いずれもニコンが公式にアナウンスしている値である。 マルチフォトのカタログ(1991年1月版)に掲載されているデータを引用した。

大自然にあっても優美このうえない。
山岳写真家や自然科学写真家が絶賛するマニヤ必携の超高解像度レンズだ。

ストロベリーレッドはマクロニッコール12cm F6.3の目印

2016年の追記

オリジナルのコンテンツは2001年11月当時に書いたものです。
マクロニッコールは市場にめったに出て来ないと言及していますが、 現在ではそのようなことは少なくなり、国内外のオークションサイトでたまに見かけます。 また、首都圏のデパートで年に何回か開催される中古カメラ市でも、見かけるようになりました。

2001年当時は1枚きりだった画像ですが、 画像品質が今となっては見劣りするため、 2016年の見直しにあたり、その後撮りためた画像を追加しました。 文章も読みやすくするために、すこしだけ手直し、加筆してあります。

2017年の追記

イチゴとレンズの画像を新たに撮影してみました。 専用の純正レンズキャップ(フロントとリア)を配置し、 52mmフィルターを装着した姿を追加しました。 さらに、マクロニッコール12cm F6.3の前期型と後期型の実例を画像で示しました。

なにか作例でもと思い、 マクロニッコール12cm F6.3をベローズPB-4にマウントして 35ミリ一眼レフにおける等倍(1倍)の条件下で撮影しました。
使用したカメラはDXフォーマット(APS-C)のデジタル一眼レフカメラですので、 画面サイズから換算するとアバウトに言って撮影倍率は約1.5倍となります。

被写体は江戸時代末期は幕末の万廷元年〜明治二年(1860〜1869)の貨幣で万廷二朱判金。 金含有率は金229/銀771です。 金品位は低く黄金の輝きにはすこし地味な色合い。
しかしながらここは秘密兵器「 40.5mmニコン純正e線フィルター 」をレンズに装着して、金金ゴールド・アンド・ゴージャスな雰囲気を表現しました。
光源はタングステン白熱電球。 下敷きにしているのは木版手摺の江戸千代紙です。 拡大しすぎて千代紙だかなにがなんだかわからなくなりましたが。

被写体のサイズはとても小さい

演目は第11族元素原子番号79 主演マクロニッコール12cm F6.3
MACRO Nikkor 12cm F6.3, Powered by Nikon e-line (546.074 nm) Filter

黄金に輝く万廷二朱判金(1860〜1869年) マクロニッコール12cm F6.3
MACRO Nikkor 12cm F6.3, Powered by Nikon e-line (546.074 nm) Filter

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2017