Ultra Micro Nikkor Filter

ウルトラマイクロニッコール専用フィルターのある朝

薄い木箱を持った旅

老舗クラシックリゾートホテルのメインダインニグで、朝からこれはいかがなものか。
これからアメリカンブレックファーストで朝メシだというのに、 テーブルクロスの上にはなにやら薄い上等な造りの木箱が置かれている。
木箱がオープンになると、赤いビロードの内装の上に小さいガラスフィルターが鎮座している。
これが、資料や写真でさえも見ることがない、 ウルトラマイクロニッコール用の専用フィルターなのか。

なぜ夏のリゾートに、 時代の半導体製造装置の露光用レンズに取り付ける専用設計フィルターを、 しかも木箱入りのお道具として持って行ったのかは記憶にないが、 まったく役に立たないものを海外旅行先のスーツケースの底から見つけたときの脱力感は 誰もが経験しているかもしれないと、 勝手に言い訳を考えながらホットケーキがサーブされるのを待つ朝はいいものだ。

朝のホットケーキ

読み取れる当時のウルトラ命名劇

ホットケーキの話ではなく、ウルトラマイクロニッコール用の専用フィルターの話をしよう。
手持ちの資料をさがしたのだが、その姿写真が掲載された資料(カタログ)は1つしかなかった。 1970年代の初頭に、 日本光学が北米やヨーロッパ向けに印刷したウルトラマイクロニッコールの販促資料である。
ドイツのウリ・コッホ氏からかなり前に送ってもらったものだが、英語版である。
カタログから画像を掲載しよう。

画像上をクリックして大きくして見ていただきたい。 興味深いのは、62mmフィルターの刻印が ”for Micro-NIKKOR 1:2.8 f=105mm”となっていることである。
ウルトラマイクロニッコール105mm F2.8は、 1962年に完成したウルトラシリーズで最初に商品化された製品であるが、 フィルター枠にはウルトラが冠されていないことが確認できる。
この話は、レンズ本体、木箱にも言えることであって、 すでにここで言及している
図抜けた性能を有するMicro-NIKKORが完成した。 このままの名前では従来製品と差別化できないので、 モノが出来上がった後の土壇場、発売直前にウルトラを冠することが決定した。

レンズ前面の化粧リングには後からUltraを追加彫刻した。 不自然な位置ではあるがまあいいだろう。 収納用の木箱は銘板も印刷済みですでに出来上がっている。 ここはもうUltra無しのMicro-NIKKORでいいんじゃないか。
というような発売直前にウルトラ命名が決まった当時の対応ぶりが想像できる。

e線用フィルターの説明

e線用フィルターの機能

資料には以下の通り説明が入っている。
ようは、光源としての高圧水銀灯から、露光に最適なe線 (可視域の波長546.074nmのスペクトル線でみどり色の光線) だけを取り出す特殊加工されたガラスフィルターなのである。
1960年代の半導体製造技術ということで理解しておきたい。
フィルターのガラスの色はヒトの眼には淡い蜜柑色に見える。 手持ちのフィルターと色を比べてみたが、 ニコンY48とY52の中間くらいの色合いである。みどり色ではない。

e線用フィルター

このフィルターは、ウルトラマイクロニッコールレンズの最高性能を引き出すために 特別に設計され開発されたものです。
分離した2枚のガラスフィルターで構成されており、 2枚のそれぞれが異なる波長の光を透過させ、 フォト感光剤の適合波長に最適な光を抽出する機能を持っています。
このフィルターは、e線まわりの非常に限られた波長域のみを透過させることができます。
また、このフィルターの平面特性は完璧のパーフェクトであり、 完全なる平面を有するガラスを2枚ピタリと平行に取り付けたものであって、 ウルトラマイクロニッコールに装着すれば、 ほんらいの性能を損なわないのは当たり前ですが、 最高かつ非常に優秀な弩級で究極の極超高解像度画像をたたき出します。

とか書いてあるようです。

自然界の太陽光線下ではこんな色合い(撮影年は2004年8月)

持ち歩ける箱庭

堅い上質な木材(クルミ材らしい)で造られた11.5センチ四方の小箱。
留め金を右にずらすとフタが開き、ビロード張りの空間が見える。 なにやら箱庭のような景色なのだ。 眼の前に展開するのは工業製品である半導体製造装置用フィルターではないことに気が付いた。 景色を吸収し気配に昇華・増幅させる装置であることが判明した。

上質な材料で作られた極め箱(銘入り収納用木箱)

40.5mm NIKKOR JAPAN 白文字
草木を曳航するガラス面が凪ぐ箱庭のような風景

ニコンで最も高価なフィルター

e線用フィルターの種類と当時の価格を調査してみた。
種類は上に掲げる資料等から、すべてウルトラマイクロニッコールである。
価格については昭和49年(1974年)6月1日付けのニコン産業用レンズ価格表で確認した。

40.5mmフィルター
適合するレンズ     28mm F1.7e   28mm F1.8e   30mm F1.2  55mm F2
当時の価格          30,000円

62mmフィルター
適合するレンズ     105mm F2.8   135mm F4
当時の価格          67,000円

72mmフィルター
適合するレンズ     125mm F2.8   155mm F4
当時の価格          84,000円

それにしても、なんとも高額なフィルターであった。
この小さい40.5mmフィルターが昭和49年前後の当時で3万円。
なにをもってスケールとするのか難しいところだが、会社員の初任給ベースで考えるとどうもピントが合わない。 物価の優等生タマゴと比べているようなものだ。 会社員の給料とタマゴ10個入りパックの値段のかなしい類似性はここでは議論しない。
首都圏の喫茶店のコーヒーが100円、電車(当時は国電)の初乗りが30円、タバコ(ハイライト)が80円。 それらをもってスケールとすると、この当時の3万円は時代感覚的には現在の10万円を超えると思う。
それほど高価だったたった1枚のフィルターを、 上等な造りの木箱に入れて出荷したニコンの技術者の思いが理解できる。

なお、価格表でしか確認できないが、昭和52年(1977年)12月21日付けの価格表によると、 52mmフィルターが存在していた。適合するレンズは50mm F1.8eで、価格は「特注品」となっており時価。 営業さんとのご相談価格ということである。

for Ultra-Micro-NIKKOR
ガラス面に中世日本文学の世界が映る

上質の二枚ガラスは厚く色合いは淡い蜜柑色

ここで伊達なポーズをきめる傾奇者

新しいニコン純正の40.5mmフィルターとレンズフード

2011年10月。ちょっと驚いたことがある。
ニコンから「レンズ交換式アドバンストカメラ」と位置づけされ、 「Nikon 1」という新しいブランドシリーズを付けたデジタルカメラがリリースされた。
製品の紹介、とくにアクセサリーのラインナップを見て、 古いレンジファインダーニコンのファンや、 産業用(工業用)ニッコールレンズのマニヤは喜んだものだ。
なぜならば、アタッチメントサイズが40.5mmのニコン純正ガラスフィルターや、 ニコン純正レンズフード、それにキャップが発売になったからである。

それまでは、オリジナルの40.5mmフィルターやキャップを使っていた。
そもそも、アタッチメントサイズが40.5mmのレンズは、レンジファインダーニコン (ニコンSシリーズ) の時代のものだ。
であるから、オリジナルのそれは、コレクションにするならばともかく、 実用となると貴重品なのでちょっと外に持ち出しにくい。 レンズキャップはすぐに失くすし困ったものだ。

それが新品で、ニコン純正で、お気軽価格で買えるのである。
私もウルトラマイクロニッコール55mm F2を外に持ち出して気軽に使う時には、 Nikon 1用のフィルターを装着しキャップはポケットに入れて持ち歩いている。

40.5mmフィルター MADE IN JAPAN

ニュートラルカラーNCフィルター。つまり透明のレンズプロテクションフィルターだ。
MADE IN JAPANの高品質なニコン純正40.5mmフィルターが、 カメラ量販店だと実売価格2,500円くらいで買えるのは実にありがたい。
フィルターのケースは、おぎのやの「峠の釜めし」のお漬物が入っているプラケースである。 すこしケースのデザインが異なるが雰囲気は同じだ。 わさび漬けでも詰めて夜行列車に乗りたくなる気分になってくる。
ともかくこの高品質なフィルターはおすすめである。

40.5mmレンズキャップ LC-N40.5

ニコン純正の40.5mmレンズキャップである。
キャップ単体だと今まで入手が難しかった。 とくにレンジファインダーニコン用のそれは中古価格でもよい値段が付いている。 それが、新品をカメラ量販店だと実売価格800円程度で買える。 これなら安心して失くせる。 いや、そういう問題ではないが、やはりお気軽価格で入手できるようになったのはありがたい。
できれば、MADE IN JAPAN にしてほしかった。価格が2倍であっても。

40.5mmフード すべてMADE IN JAPAN

このレンズフード群の登場にはまいった。
何回も言及しているが、レンジファインダーニコン用のそれは中古でも価格が立派である。
撮影行でフードを失くしたら、来た道を辿って探すレベルである。
それがニコン純正の新品で買えるのは、くどいけどありがたい。

Nikon 1用アクセサリーと時代が邂逅

さて、どんなレンズに新しいNikon 1用アクセサリーを着けようか。 あれこれ試してみるのは、なかなか楽しいものだ。

ウルトラマイクロニッコール55mm F2に、 40.5mmのニュートラルカラーNCフィルターを装着してみた。 まったく違和感のない装着感である。

ウルトラマイクロニッコール55mm F2に40.5mmのNCフィルター

HN-N101は実に変わった形状をしている。 ニコンFの時代にGNニッコール45mm F2.8という薄いレンズ(パンケーキレンズ)があったが、 その専用フードの存在感と方向性が似ている。 使いそうもうないけれど買ってみた。そういうものである。
使い道が非常に限定されたフィルターなので、 一度在庫を作ったらもう生産されないのが歴史の経験である。
ELニッコール50mm F2.8にレンズフードHN-N101を装着してみた。
なかなかピタリと似合うのではないか。野山に広がるフィールドでの撮影に使いたい。

ELニッコール50mm F2.8にレンズフードHN-N101

HN-N102とHN-N103は40.5mm径のレンズフードであるが、形状はほぼ同じように見える。
ただし、価格に差があることから、材質とか仕上げは異なるようだ。
HN-N102は実売価格で約1600円。HN-N103は実売価格で約2400円。
重量は実測してみたところ、HN-N102は11g。HN-N103は12gである。
重量はほとんど同じだが、いくぶんHN-N103の方が高級感があり重たくかんじる。
両者をレンズに装着した画像で比べてみよう。
左はCOMニッコール37mm F1.4にHN-N102を装着。 右はELニッコール63mm F3.5にHN-N103を装着してみた。 MADE IN JAPAN がきいている。

ニコンのレンズフードHN-N102とHN-N103

40.5mm耳寄り情報

ところでアタッチメントサイズ(ようするにフィルター径)が40.5mmのニッコールレンズには どんなものがあるのだろうか。 レンジファインダーニコン(ニコンSシリーズ)用のレンズは、 検索すればすぐに分かるのでここでは省略する。

まずはお手軽なところで、写真引き伸ばし機用のELニッコール。意外と多い。

ELニッコール 40mm F4N
ELニッコール 50mm F2.8
ELニッコール 50mm F2.8N
ELニッコール 63mm F2.8N
ELニッコール 63mm F3.5
ELニッコール 75mm F4N
ELニッコール 80mm F5.6N
ELニッコール 105mm F5.6N
Apo-ELニッコール 105mm F5.6(前期型)

驚くべきことにシネニッコール(16ミリ映画撮影キャメラ用のレンズ)は、 超広角やズーム等ごく一部のレンズを除くとすべてが40.5mmだ。意識的に統一したのだろう。

シネニッコール 10mm F1.8
シネニッコール 13mm F1.8
シネニッコール 25mm F1.4
シネニッコール 25mm F1.8
シネニッコール 50mm F1.8
シネニッコール 75mm F2
シネニッコール 100mm F2.8

産業用(工業用)ニッコールレンズにも40.5mmが多い。

ウルトラマイクロニッコール 28mm F1.7e
ウルトラマイクロニッコール 28mm F1.8e
ウルトラマイクロニッコール 30mm F1.2
ウルトラマイクロニッコール 55mm F2

COMニッコール 37mm F1.4
マイクロニッコール 55mm F4 (マイクロ写真撮影機用、F4です)
マイクロニッコール 70mm F5 (マイクロ写真撮影機用、F5です、後期型)

ここまできたらもう栃木ニコンにいくしかない。40.5mmのみをリストアップしてみる。

Nikon Rayfact 25mm F1.4 (型式 SF2514MC)
Nikon Rayfact IL 40mm    (型式 PF4040ML)
Nikon Rayfact IL 50mm    (型式 PF5028ML)
Nikon Rayfact IL 63mm    (型式 OF6328ML)
Nikon Rayfact IL 63 (F)    (型式 OF6328MF-B)
Nikon Rayfact IL 63 (F)    (型式 OF6328MF-T)

Nikon Rayfact IL 50mm F2.8N    (型式 PF125020ML)
Nikon Rayfact IL 63mm F2.8N    (型式 OF125020ML)
Nikon Rayfact IL 63mm F2.8N    (型式 OF125020ML)
Nikon Rayfact IL 75mm F4N      (型式 OFM0200020ML)
Nikon Rayfact IL 63mm F2.8N (F)    (型式 OFM0125020MF-B)
Nikon Rayfact IL 63mm F2.8N (F)    (型式 OFM0125020MF-T)

この紙面でリストアップしたニッコールレンズの中で、 Nikon Rayfactだけが現行製品(2016年現在であって一部の型式を除く)であるが、 Nikon Rayfactシリーズにも、 Nikon 1用の40.5mmフィルター、キャップ、フードが使えるわけだ。
これは、ニコンRayfactコレクターの方々には耳寄りな情報だろう。
もっともこのあたりの超コアなウルトラマニヤにはすでに承知のことと思われるが。

ニコンFにELニッコール63mm F3.5 レンズフードHN-N103添え

2016年の思い

このコンテンツは、2016年10月に書いたものです。
最初に出てくるテーブルセッティングの画像は、2004年の夏に撮影したものです。 いつか記事にしようと、画像は公開せずにこの機会まで、12年間温めていました。

1960年代に鮮烈な印象をもってデビューした伝説のウルトラマイクロニッコール。
まさか時代を50年以上経過してから、 ウルトラマイクロニッコール専用のフィルターにキャップが新型で再生産・発売されるとは思いませんでした。
さらには3種の本格的40.5mmレンズフードまで。実にありがたいことです。
識者から見れば、すこし勘違い、思い違いをしているかもしれません。でもそれでよいのです。
しかし「識者」って何者なのだ。

左がNikon 1用のニュートラルカラーNCフィルター。 右がオリジナルのウルトラマイクロニッコール用e線フィルター。 NCフィルターの重量は8g。光学ガラスを2枚貼りあわせたe線フィルターは30g。 重量比では約4倍。時代に換算した価格比は実に約40倍。
それでも、Nikon 1用のニュートラルカラーNCフィルターはよくできています。

ニコン40.5mm NCフィルターとe線フィルター

最後に本家本元のウルトラマイクロニッコールe線フィルターを ウルトラマイクロニッコール55mm F2に装着し、 秋の稲穂を実写した作例を見ていただきましょう。
ようは、淡いオレンジ色フィルターを通してみる緑と黄色の風景です。 画像上をクリックするとすこし大き目の画像が表示されます。

どこか記憶に残っている色調だなと思ったら、 1970年代初頭のコダクローム25のゴージャスで重厚な発色に似ていることに気が付きました。

e線の秋
ウルトラマイクロニッコール55mm F2に専用e線フィルターを装着して撮影

e線フィルターを通すと、稲穂が黄金色に輝き、重厚な色彩が観測されました。
それならばと、ためしに、当家に伝わる金色に光る古い貨幣を、 ウルトラマイクロニッコール55mm F2にe線フィルターを着けて撮影してみました。
大きいのが明治二分判金、小さいのが万廷二朱判金というらしいです。
どちらも金の品位的にはそこそこなのですが、 e線フィルターを通すと、 金原子に反応して山吹色の黄金に輝くことが観測できました。 原子レベルでよい影響を与えたようです。
金貨とか金製品の撮影に向いているようです。 ただし、ホンモノ実物より黄金色が増幅されますので、 鑑定書など客観的映像記録用途には避けた方がよろしいかなと思います。

可視域の波長546.074nmのスペクトル線(e線)は山吹色の金原子に反応
ウルトラマイクロニッコール55mm F2に専用e線フィルターを装着して撮影

渋く光る黄金の感性を引き出す時代の工業用ニッコールレンズとの邂逅
ウルトラマイクロニッコール55mm F2に専用e線フィルターを装着して撮影

古い1960年代のレンズと専用フィルターが、 まさか現代でこのような使われ方をするとは想像もしなかったことでしょう。 それにしても、黄金は山吹色に輝く古い貨幣のパワーには驚きました。 金の持つ普遍の美しさと存在感。古いレンズとの相性もよかったようです。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2016