The Recon Aero Nikkor 50cm F5.6 and Sentimental History

Vintage and Historical Legacy Lenses

R-エーロニッコール50cm F5.6 No. 38352376
Photo: Copyright (c) 2003, Kiril Arsov, Sweden, All Rights Reserved.

Over the Sky 10,000m Hight
Japanese Imperial Army
Syowa 19 1944
Nippon Kogaku NIKKO
Hyakushiki Shitei Recon Plane
Recon Aero Nikkor 50cm F5.6 No. 38352376
Courage, Love and Peace

白夜のくにから

高度1万メートル。シャッターを切る音が聞こえた午後。
スウェーデンのキリル・アショブ(Kiril Arsov)さんからメールが届いた。
北欧は白夜で、緑の初夏はみどり色だと言っていたが、 添付されてきた写真はビンテージなヒストリカル・レンズだった。
「このレンズのこと、知ってる?」と言われても、戦前の話なのでこれはわからない。

日本光学の社史「75年史」にあたってみた。
航空写真機用エーロニッコールを製品史からリストアップしてみよう。

  • 昭和 7年 (1932) Aero-Nikkor 50cm F4.8
  • 昭和 7年 (1932) Aero-Nikkor 70cm F5
  • 昭和 8年 (1933) Aero-Nikkor 18cm F4.5
  • 昭和12年 (1937) Aero-Nikkor 7.5cm F3.5
  • 昭和14年 (1939) Aero-Nikkor 10cm F5.6 (広角航空写真機用)

しかし、彼が保護しているレンズは、50cm F5.6だ。
はて、このエーロニッコール50cm F5.6とは何者なのだ。
日本光学の社史をさらに精読してみると、以下のような説明があった。

「大型の航空写真機としては、 昭和19年から川崎製作所で生産された一号自動航空写真機がある。 これは偵察用写真機で、 すでに昭和9年ごろから他社で生産していたものを、 軍の命令により当社が改良して生産を引き継いだ。 写真の大きさを一定にするためには 航空機の飛行高度に応じて焦点距離の異なるレンズが必要であるが、 増産の必要から1種に絞って50cm F5.6(高度1万m用)だけとした。 本機はモーターで露出からフィルムの巻き上げまでを行う全自動式であって、 終戦までの約1年間に600台を生産したが、 大型航空写真機の生産台数としては画期的なことであった。」

ニコン75年史、78ページ、原文のまま引用させていただきました。年号に昭和を付加しました。

R-エーロニッコール50cm F5.6 日本光学工業株式会社製
Photo: Copyright (c) 2003, Kiril Arsov, Sweden, All Rights Reserved.

レンズ探索

キーワードは、昭和19年、高度1万メートル、偵察用写真機ということだ。
昭和19年当時、高度1万メートルで飛行が可能な偵察機とは何だろう。
どんな写真機だったのだろう。
このあたりの事情に詳しい方にお聞きしたら、 キーワードにかかる偵察機としては、日本陸軍機の百式司令部偵察機、 日本海軍機では彩雲艦上偵察機の可能性が高いことが判明した。
また、大型爆撃機に搭載された可能性も否定できない。
しかし私は、このR-Aero-Nikkor 50cm F5.6 No.38352376は、 百式司令部偵察機三型(型式 キ-46-III)に搭載されたものと理解した。
なぜならば、レンズ本人が言っているので間違いないだろう。

ちなみにAero-Nikkorは、日本光学ではエーロニッコールと表記している。
エアロニッコールではない。
スーパーアンギュロンのことをスーパーアングロンと言うこだわりに近い。
なお、R-Aero-Nikkorと刻印があるレンズは、ほかにはない。
Rの刻印は、もちろんRecon Plane(偵察機)のRである。

航空写真偵察用R-エーロニッコール50cm F5.6のリアキャップ
Photo: Copyright (c) 2003, Kiril Arsov, Sweden, All Rights Reserved.

百式司令部偵察機

大東亜戦争時代の、すでに伝説となった名偵察機が、百式司令部偵察機だ。
略して百式司偵、あるいは、飛行機が導入されたときは新司偵と呼ばれていた。
この航空機には逸話が多い。
最高速度を誇り、追いかけてきた敵機を振り切って飛び去ったとか、 二基の強力エンジンで1万メートルの高高度に急速上昇する力強さは、 いまでも語られている。
しかし特筆すべきは、その流線型の、なんとも優美な機械様式美にある。
連合国側から、コードネーム、"ダイナ”と呼ばれ、 海外の飛行機サイトでは、「ワンオブ・モストエレガント・エアクラフト・オブWWII」 と説明がある。

この美しい姿を紹介したくて、 百式司偵の鮮明な写真を探した。
飛行機の精密イラストで有名な、 nag's Galleryさんの承諾を得て画像を転載させていただいた。
三菱百式司令部偵察機三型の、きわめて精密なイラストである。
その優美な姿が緻密に書き込まれている。 nag's Gallery http://www.nags-gallery.com/

三菱百式司令部偵察機三型(型式 キ-46-III)
Hyakushiki Shitei Recon Plane
Photo: Copyright (c) 2003, nag's Gallery, Japan, All Rights Reserved.

一号自動航空写真機

かんじんの、写真機のことを調べないといけない。
当時の通信機、航空写真機のコレクションでは、この方を知らないとモグリと言われる。
横浜旧軍無線通信資料館の館長をされている土居 隆さんである。
とにかく、ウェブサイトを見ただけでも、その迫力、第一級品のコレクションに圧倒される。
個人コレクションというから、また、びっくり。
横浜旧軍無線通信資料館のコレクションから、レンズをマウントした写真機が判明した。
ご本人にコンタクトをとったところ、写真画像の転載を承諾していただいた。

横浜旧軍無線通信資料館  http://www.yokohamaradiomuseum.com/


陸軍自動航空写真機一号二型

左のコレクションは、 陸軍自動航空写真機一号二型の実物だ。
写真ではなく、実物の本物があることがすごい。
陸軍航空機搭載高々度偵察用カメラである。
このカメラには、50cm F5.0のレンズがマウントされている。
フィルムは、23cm幅のロールフィルムを使うという。 偵察機に搭載され、電気制御で撮影を行うその姿は、 どこか航空機の操縦機器を思わせるふんいきを持つ。 本物である。

Photo: Copyright(c) 2003, Takashi Doi, Japan, All Rights Reserved.

横浜旧軍無線通信資料館のコレクションから

横浜旧軍無線通信資料館のウェブサイトの掲示板は注目である。 タイムリーに収蔵品が紹介されている。
陸軍自動航空写真機についても掲示板で詳しく説明されていた。 あまりにも貴重な画像なので、ログを取らせていただいた。 再び、横浜旧軍無線通信資料館館長の土居 隆さんにお願いし、掲載許可をいただいたので紹介したい。 解説文もそのまま掲載する。

左が「自動航空写真機1号2型」焦点距離50cm F5.0、右が25cm F4.5
Photo: Copyright(c) 2016, Takashi Doi, Japan, All Rights Reserved.

画像タイトル:img20050505131001.jpg -(192 KB)
陸軍高々度撮影用写真機
名前: 事務局員
[2005/05/05,13:10:01] No.1413 返信

掲示写真は先に陸軍航空機用無線機材と併せ入手した、 陸軍高々度撮影用写真機及び関連機材です。

写真機は「自動航空写真機1号2型」焦点距離50cm /F5.0及び25cm /F4.5の2台で何れも六櫻社製、 幸運にも本写真機を制御する「撮影間隔調整機」1台が付属していました。
本機はフイルムの巻き上げから撮影までをモーター駆動で自動的に行う航空写真機で、 陸軍100式司令部偵察機等の高々度偵察用航空機に搭載されました。

「日本光学工業史」第4篇・陸軍航空光学兵器には、 本機材に関わる以下の記述(p. 398)がありますので抜粋します。
「自動航空写真機は前述の地域写真を撮るため連続撮影の必要から生まれたものであるが・・・ 次に米国フェァチャイルド社のK3型及びK8型を調べた。 之は後に1号自動航空写真機として国産化され・・・ 何れも画面の大きさ18X24糎、鏡は関係口径4.5糎テッサー型、焦点距離は50糎と25糎とあり、 鏡間シャッターを具えた電動式で、連続撮影の為にはモーター駆動に依る撮影間隔調整機を備えていた。」

写真補足
写真機左が「自動航空写真機1号2型」焦点距離50cm /F5.0、右が25cm /F4.5、 写真機が置かれた木箱はかっての所有者が自作されたカメラ駆動用の24V電源、 手前がその接続用コード類。 メーターが2個付いた装置が「撮影間隔調整機」で、自動連続撮影時に撮影間隔時間を設定する。 平たい木箱2つは陸軍99式極小写真機用の遠隔シャッター装置であるが、 本自動航空写真機のシャッター遠隔操作用とし、 かっての所有者が併せ入手されたものと推測される。

安住の地は北欧

レンズがマウントされた写真機、そして写真機を搭載した航空機のことが分かった。
すでに歴史のなかの史実である。

このレンズは、高度1万メートルを飛行したのだろうか。
レンズの両キャップが残されている極めて珍しい例だ。
地上を撮影する側のレンズ面はともかく、 カメラ内に装着されるフィルム側のキャップも着けられて出てきたのだ。
おそらく、実際に偵察機に搭載されることなく、 保守部品としてストックされ木箱に隠れていたのかもしれない。 終戦と同時に、接収された飛行場の格納庫からレンズは運び出され、 米国で長いことだれからも手入れされることなく耐えていたようだ。

レンズは、米国から国際オークションに出品された。 開始価格が49ドルだったから、セーラーも値段が化けたことに驚いただろう。
もっとも、零戦に搭載された照準器が数百万円で取引されているらしいが、 それに比べたら控えめである。
しかし、レンズは日本に戻ることなく、スウェーデンは白夜のくにへ飛んだ。
米国から日本に戻すのではなく、 とおく北欧の街で余生を送るのも、それはそれでよいかなと思う。 レンズにも意思はあるので、その気持ちは尊重したい。

Photo: Copyright (c) 2003, Kiril Arsov, Sweden, All Rights Reserved.

空から降りてきたもの

キリルさんは、レンズに以下のメッセージを添えてきた。

星が空から降りてきた。
古い街にようこそ。
空から、白夜はみどりの草原に降りてきた。
夏草の上でねむる夢をみた。
星が空から降りてきた。

昭和初期のモダニズム詩人ではないですか。

R-Aero-Nikkor, landing on the earth.
In Uppsala, the city of science, university centrum since 1477. A holy place, a church build by the sons of Vikings in 1260.
Destroyed by the fire in 1702, and again rebuild, to welcome our R-Aero-Nikkor from the sky.

R-Aero-Nikkor, a piece from the sky on the green field in the middle of the night.
What a strange place, white dreams, the night is bright, all are gone to sleep.
A place for R-Aero-Nikkor from the sky.

Kiril Arsov / Uppsala, Sweden


本コンテンツをまとめるにあたり、たくさんの方々のご協力ならびに、 ご助言を得ました。
この場をお借りしまして、感謝いたします。ありがとうございました。
なお、ここに掲載した画像は、すべて著作権者様の承諾を得て掲載しています。

2016年の追記

このコンテンツのオリジナルは2003年7月に書き公開したものです。
2016年の見直しにあたり、 人物を含む画像についてはセキュリティーを配慮して当サイト上での掲載は見送りました。
資料価値の非常に高い新しい画像の追加については、 横浜旧軍無線通信資料館館長の土居 隆さんからご承諾をいただき、 掲載させていただきました。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright (c) 2003, 2016 Michio Akiyama, Tokyo Japan, All Rights Reserved.