FUJINON-M 50mm F7 Fine Lens

フジノン-M 50mm F7

あまり聞かない絞りF7

フジノンだ。もうひとつのフジノン-M 38mm F5.4でも紹介したが、 ニッコールレンズではない。
お気に入りということで掲載している。フジノンの50ミリである。 有名なフジノン-Eではなくフジノン-Mだ。 ニコンカメラボデイにフジノン-M 50mm F7をマウントしてある。

フジノン-M 50mm F7

とにかく小さくかわいい。絞りは固定だ。
開放絞りがF7というが、あまり聞いたことのない値である。でも存在している。 絞りがF8だと一般的で感覚的に理解できるが、F7とはなんとも中途半端。 素数を狙ったのかもしれないが、まずは中途半端な数字が素晴らしい。
総金属製のボデイにライカL39スクリューマウント。
肉厚の非常にがっしりしたプラスチックケースに収まっている。

ニコンF3にフジノン-M 50mm F7

左は弟分のフジノン-M 38mm F5.4とフジノン-M 50mm F7

丸い固定の絞り板

無限遠は出ない。
ただしベローズを介さなくても、そのままカメラボデイにマウントしてピントが出る。
初めて来たような場所の散歩道で、 レンズに木々の風が反射する場所をさがして歩いた。
木の葉をよけてカメラを置く。音が風になっている。

フジノン-M 50mm F7 (撮影年は2001年11月)

パープルコーティングの奥に丸い固定の絞り板が見える。
小さいが重たいレンズだ。フジノン-M のことはよく知らない。
マイクロフィルム用の撮影装置か参照装置用のレンズか、あるいは業務用の写真プリンターとか、 そういった用途の産業用レンズではないかと推測している。
フジフイルムの社史に照らし合わせてみたが該当する情報が見当たらず、正確なところは分からない。(注)

ただし、おそろしく造りのよいレンズが今ここにある。
散歩道に連れだって歩いても、なにも考えていないところが優れている。
なにも考えていないレンズをカメラにマウントし、廃屋のまわりの時間でも撮影すれば完結する。

(注)以下の社史を確認したが掲載されていない。

創業25年の歩み
富士寫眞フイルム株式會社
昭和35年(1960年)1月20日発行

富士フイルム50年のあゆみ
富士写真フイルム株式会社
昭和59年(1984年)10月20日発行

フジノン-M 50mm F7と廃屋の先を歩く

エネルギーを持つレンズは老いない

表舞台にでることなく、ひっそりと生きていたフジノン-M。
時空を掘り起こして使っている。
レンズを天上に向けよう。夏草を通る風に覇気がレンズから伝わる。
変わるのは気分ばかりではない。なぜか元気になるから不思議だ。
本物のレンズにはそういった癒しのパワーがあることが近年の研究でわかってきた。

癒しのパワーがある持つフジノン-M 50mm F7

なにも考えない。考えないことがエネルギーだ。
レンズは老いない。エネルギーを持っている証拠である。
フジノン-M 50mm F7をマウントしたニコンの古い一眼レフカメラを持ってなにも考えずに歩くと、 なにも名前のない風景が見えてきた。

なにも名前のない風景にフジノン-M 50mm F7がなじむ

フジノン-M 50mm F7による実写

フジノン-M 50mm F7はフランジ面より後ろ鏡胴が長い。 この長い後ろ鏡胴に一眼レフのミラーが干渉しないようにするには、 すこしゲタをはかせる必要がある。
作例は、ニコン接写リングPK-12にL-Fリングを取り付けてフジノン-M 50mm F7をマウントした。
実写画像をクリックすると少し大き目のサイズの画像が出ます。

フジノン-M 50mm F7は暗くてよく写る

フジノン-M 50mm F7は、おそらくは長きにわたり、 ドキュメンテーションのマイクロフィルムかマイクロフィッシュとかの、 文書をずうっと眺めて来たのだろう。 それも仕事だからがんばって来たと思われる。 しかしながら、リタイアした今は、自然光線あふれる世界を眺めてもいいだろう。 そんな気持ちで、日本の四季のシーンでフジノン-M 50mm F7と歩いた。

あるとき、日陰の奥にもしっかりとトーンを構成していることに気がついた。 ほんらいならば、ドキュメンテーションの特性から、 ハイコントラストばかり気にして仕事してしたようだが、 自然光線下でいっきにふっ切れたようだった。
夏なのでまだ青い柿の実は炎天下で輝き、影のなかに実る果実には重たい存在感が写った。
さらに、甘味処のごく少ない光量下でも、 絞り開放F7は暗いのにあかるい日本の微妙な柔らかいトーンを再現したのには驚いた。

レンズ開放でF7という陰翳礼讃を語る写り

豆かんのひやり冷たく甘い日本情緒な質感

「素数絞りレンズ」のこと

最初に言及していますが、フジノン-M 50mm F7の開放絞り値は"F7"。
7、つまり、「素数絞り」であることがやはり強烈な印象を放ちます。
当サイトでは、開放F値が素数のレンズを「素数絞りレンズ」とここに定義します。
2016年8月現在、「素数絞りレンズ」でネットを検索してみても、 まだ誰もこの言葉(用語)を使っていないようです。

素数絞りは、F2、F3、F5、F7、F11、F13、F17、F19、・・・・ 開放F値ですから、 実存するとすればここらまででしょう。
もちろんF2やF11が含まれるわけですが、これらはあまりにも一般的すぎておもしろくない。 となると、フジノン-M 50mm F7の7は素晴らしい。
ちなみに、市販されたニッコールレンズでは、 マイクロニッコール70mm F5が素数絞りで有名で、本サイトでも取り上げています。

柿の人生を追う

夏にフジノン-M 50mm F7を使って撮影した若い青い柿のことが気になった。
柿にも人生があるのだろう。
夏の生命感あふれる果実はその後どうしているのか。
季節は秋となり、柿色になった柿を再び訪ね撮影してみた。

盛夏八月若い柿の健康的な横顔

そうか君は柿だったのか秋十月

白秋の柿十一月の午後

柿暮れて晩秋か十二月

柿の色して冬の入口十二月

冬日に木守となり人生の日々を想う熟柿

秋の入口から秋の終り。
そしてもうほかの紅葉仲間の葉はすべて落ちた冬日の頃まで。何度も通った。
まさか柿の人生を追うことになるとはおもわなかった。
フジノン-M 50mm F7は、なんでもない風景に生命を吹き込む写真装置になっていた。
フジノン-Mは、やはりただものではない。

情緒とは無縁の仕事に生きた工業用レンズである。
写真画像に添えらえたキャプションは、 カメラ雑誌などでは絶対に採用されない日本最高峰のゆるさを誇る。 わかる方はわかるだろう。
わからない方はわからない。それは解説するものではないのだ。
おもしろい冗談を聞いて、他者に披露してしまい冷えた経験は誰でもあるだろう。
「え、それ、なにがおもしろいの?」と聞かれて、 なにがおもしろいのか解説してしまったシーンが思い浮かぶ。
「ああ、そうなんだ。おもしろ。ハハハぁぁ・・」
やはりそれは避けたい。

1970年代にリタイヤしたはずのレンズだったが、 もともと基本性能が優れていたので、 いきなり超絶の生命描写をさらりと叩き出したのには驚き、最敬礼した。
フジノン-Mは、やはりただものではない。

2016年の追記

このコンテンツのオリジナルは2001年11月に書いたものです。
画像は当初1枚きりでした。
2016年の見直しにあたり、その後に撮影した画像を追加しました。
フジノン-M 50mm F7による実写画像も、作例を目にすることがありませんでしたので、 この機会に掲載しました。 まだ若く青い果実の健康的な表情とか、 甘味処のシンプルな豆かんのひやり冷たく甘い質感が出ています。
そんな実写画像を盛り込み、2016年9月に全面的に書き直したコンテンツを公開しました。

夏に撮影した柿のことが気になり、その後の姿をフジノン-M 50mm F7で追ってみました。
季節が変化していく度に柿の表情は円熟してきました。
2016年12月に「柿の人生を追う」として記事を追加し公開しました。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2016