Mountain Nikkor 10.5cm F4 Big Hood

マウンテンニッコール10.5cm F4にデカフード

日本の夏を撮る

マウンテンニッコール10.5cm F4だ。
レンズフードは、あの小さくかわいい専用のものではなく、 52ミリ用のフードをセットしてある。
夏の強い陽射しの下でもいい仕事をしている。

日本の夏にマウンテンニッコール

豪華装備もよいけれど

人気のある撮影スポットでは、長い望遠レンズをセットした三脚が並ぶ。
300ミリの明るい玉。 豪華な装備の人は、年期の入ったグレー塗装がしぶいジッツオの三脚に、 500ミリのこれも明るい望遠レンズを付けている。
そこで登場するのが、暗い、小さい、軽い、しかしよく写るレンズの登場だ。

軽くてシンプルなマウンテンニッコール

古い一眼レフカメラにマウンテンニッコール10.5cm F4を乗せる。
レンズフードだけ大きい顔をしよう。
52ミリ径の105ミリ中望遠レンズ用の古いフードを着けた。
すべてニコンの純正アクセサリーでこれを実現した。
ふつうはこのまま見てしまう情景だが、見る人が見ると、 はて、どうやって着けたのか、となる。
この写真でキキメは、レンズ先端にネジ込まれている34.5mmリバースリングだ。

34.5mmリバースリング

レンズ側が34.5ミリのオスネジ、 フード側がライカスクリューマウントのオスネジになっている。
マウンテンニッコール10.5cm F4に使えるリバースリングは、 ニコン純正でカメラカタログには掲載されずに販売されていたのだ。
34.5ミリ径だから、あの銘レンズ、Sマウントのマイクロニッコール5.5cmを リバースしてニコン一眼レフカメラに装着可能だ。

で、この34.5ミリリバースリングの先には、L-Fリングを着けた。
さらにBR-3リング(これは現行製品)を着けて、52ミリネジを確保する。
そこへ52ミリ径の、あまっているフードを着ければできあがり。
ただし白抜きのFマークが入っていないフードは、使用が禁止されているから注意が必要だ。

よく写る気分はレッド

神奈川県も郊外に分け入ると、まだあるのがレッドな標識だ。
サンクチュアリ。
鳥獣保護区域。鳥と小動物、それに植物群の楽園ということになっている。

よく写るシンプルなマウンテンニッコール

身軽な旅にもマウンテンニッコール (撮影年は2001年11月)

マウンテンニッコール10.5cm F4。
3枚玉のシンプルな、そしてプリミティブなレンズだ。
それなのに、なぜここまでよく写るのか。 販売当時はそれほど人気が出なかったレンズと聞く。 すでに105mm F2.5の優れた明るい自動絞りのレンズが世に出ていた。
ひかくてき数が少ないことと、形状が珍妙で個性的なことから、 中古で多少高価でも入手される方が多い。 でも彼らが一様に言うことは、「よく写る」。これだ。

復活するか俳句レンズ

マウンテンニッコールで鉄道写真はないと思うが、 旅先であれば、そして撮影だけが目的ではない旅ならば、 こういう軽くてシンプルな望遠レンズも現代でも十分に通用するだろう。
鉄橋を渡る電車の音も夏気分で乾いている。

鉄道写真の夏マウンテンニッコールの夏

遠く鉄橋を渡る電車の音も夏気分で乾いている

このレンズは現行製品としてぜひ復活してほしい。
サンニッパの対極にある俳句みたいなレンズなのだ。
もし現行製品で復活すると、世界唯一の、暗くて、軽くて、小さくて、 そしてよく写るレンズとなる。 フィルター径は34.5mmのサイズをキープし、 あの小さくかわいい鋼鉄製のフードは別売もしてほしい。 要望だけど・・・。
ここで吠えてもしょうがないか。ワン、ワン。

2016年の追記

このコンテンツのオリジナルは2001年11月に書いたものです。
当時の画像は容量を軽くするために1枚きりでした。
2016年の見直しにあたり、その後に撮影した画像を追加しました。 追加した画像に合わせて構成をすこし直しました。

本来のマウンテンニッコール専用フードを着けている姿も掲載しておきましょう。
小さいレンズには小さいフードが似合います。
マウンテンニッコール10.5cm F4のような個性的なレンズが、 製品ラインナップの中に1本ぐらいあってもいいな、と今でも思っています。

専用フードが似合うマウンテンニッコール

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2016