EL Nikkor 105mm F5.6 Mountain Hood

ELニッコール105mm F5.6マウンテン・フード

気配は創造

日本の秋は早い。速いと書いたほうが的確かもしれない。
それでも落ち葉はしずかに考え込んでいるのがよくわかる。
気配は創造である。
昼が短いならば夕刻は早く、レンズを投影する光軸の先には情況が存在している。 と、のんきに思想している場合ではない。

この軽みなレンズで秋の散策から本格的山岳写真もこなす

一般撮影可能なELニッコール

ELニッコールは引伸ばし機用レンズだが、もちろん一般撮影も可能だ。
105ミリのような長焦点レンズであれば、 ニコン一眼レフカメラに装着して余裕で無限遠が出る。
ここだけの話だが、ELニッコール105mm F5.6は驚異的にすごい高性能レンズなのだ。
発色もニュートラル。きちんと明快な描写はさすがである。

ELニッコール105mm F5.6の端正な姿 (撮影年は2001年11月)

テクニカルデータ

4群6枚のオルソメータタイプのレンズ構成。 歪曲収差が完全に補正されているのが特長。
1970年代前半までは測定記録の複写レンズとしても利用されていた。

EL Nikkor 105mm F5.6

−焦点距離: 105mm
−最大絞り: F5.6
−最小絞り: F45
−レンズ構成: 4群6枚
−基準倍率: 5X
−標準使用倍率範囲: 2X〜10X
−画角: 56度
−色収差補正波長域: 380nm〜700nm
−口径蝕: 0% (F8にて)
−歪曲収差: +0.009%
−原稿サイズ: 65×90mm (111.0mmφ)
−基準倍率における原板から画像までの距離: 756mm
−重量: 160g

色づく木の葉にレンズも快晴

使えるBORG製ヘリコイド

下の画像のセットは、BORG製のヘリコイド(M42ヘリコイドシステム)を使っている。
カメラ側がFマウント、レンズ側がライカL39スクリューマウントだ。
使いやすい直進ヘリコイドになっている。動きもスムース。 セットで1万円代で入手できるのがありがたい。2016年現在でも現行販売品である。
BORG製のヘリコイドだけでは、無限遠が少し足りないので、 カメラ側にニコンの接写リングPK-12を入れている。

なお2001年当時に撮影した画像ではカメラ側からK2とK3リングを足して無限遠を出していた。
K2とK3リングは、ニコンの古いKリングセットの一部だ。 Kリングは中古で安く手に入るが、とても使い勝手のよいセットになっている。

左からニコンPK-12、ヘリコイド、ELニッコール

週末の山行はこのレンズでいこう

34.5ミリ径のレンズフード

さて、ヘリコイドを装着して一般撮影が可能となったELニッコール105mm F5.6は、 三脚にのせてゆっくりと撮影をたのしみたい。
このレンズの使い方で一つ作法がある。フードだ。
フィルターサイズ34.5ミリ径のレンズだから、 マウンテンニッコール10.5cm F4用の専用フードがきまる。 とても小さくかわいい、しかし異常に頑丈なフードだ。
ちんまりとレンズに付けて、秋をたのしみたい。

このフード。フードひとつで思想が達成される。
レンズをたのしむということは、そういうことなのだ。 どうでもよいことのようだが・・
どうでもよいか。

こういうお手軽価格のレンズとヘリコイドセットで、 非常に高性能なマシンを構成できることを言いたかったのだ。 お金をかければいいというものでもない。

小さいレンズにはかわいいマウンテンフードが似合う

暗く軽いのが正しい生き方

ニコンから、暗くて小さくて軽い中望遠レンズを商品化して出してほしいものだ。
105ミリでF4とかF5.6で十分だ。F8だったらさらによい。
本物は暗いとか明るいとかで判断してはならない。
これはレッドブック・ニッコール愛好家の約束だ。

いのち短し恋せよ乙女

2016年の追記

オリジナルのコンテンツは2001年11月に書いたものです。
当時のコンテンツでは、レンズの画像を1枚のみでしたが、 2016年の見直しにあたり、当時に撮影した画像を追加しました。
さらに、最近に撮影した雰囲気がよくわかる画像を組み込みました。
また、テクニカルデータを掲載していませんでしたので、正式資料から正しい情報を引用し盛り込みました。

ELニッコール105mm F5.6は現在の中古市場でも数多く出回っていて、値段も手ごろです。
ELニッコールによる写真撮影の入門用としておすすめできます。
特にデジタル一眼レフやミラーレス機による近接撮影には威力を発揮します。
基本性能が優れた実力のあるレンズを実感できると思います。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2016