FR Nikkor 75mm F1.0 For Real Lens

南南西の風 風力2 晴れ 1010ミリバール 正午をお知らせします

ガチで超スゴイ幻のF1.0光速ニッコールレンズ

For Real Lens。
ガチで超スゴイレンズ。ということか。
ブラックニコンにマウントされているレンズは幻のFRニッコール75mm F1.0である。
私は数年前からツイッターなどSNSで画像を公開しているので、お気づきの方もおいでと思われるが、 それでも、産業用ニッコールレンズ、工業用ニッコールレンズに興味をお持ちの方でも、 このレンズのことをご存じの方は極めて少ないと思う。
「FR Nikkor 75mm F1.0」で画像検索しても、私が画像をアップしたものしか出て来ない。
ツイッターなどフロー型の環境下で書いたものが多いので、情報は流れ去ってしまうだろう。

カメラの国際オークションでいま最も有名なのがオーストリアのヴェストリヒト・オークション。
このオークションカタログにさえ、FRニッコール75mm F1.0と表記されずに、 Reproニッコール-O 75mm F2 ARと誤った表記が行われていた。2015年の話である。
昔からネット上にある情報では、Reproニッコール75mmと書かれた記事しかない。 裏付けを取る正確な資料がなかったと思われる。 このコンテンツの中で、製造メーカーであるニコンのオリジナルの資料を掲載し、 ことを正していきたいと思う。
サザビーズをはじめ世界的に有名なオークションのカタログは権威あるものと認識されており、 そのオークションカタログに記載されてしまうと、 誤りであってもそれが正しいものと信じ込まれてしまうからだ。

2001年1月から15年間に渡りこのFRニッコール75mm F1.0レンズの総生産台数(本数)を調査してきた。 得られた資料情報と世情実体が一致し、自分の持つ情報の正確性が担保できると判断できるようになった。
そんなもろもろの背景から、ここで情報を取りまとめ、 きちんとストックし後世に伝えておきたいので、本コンテンツに集約することにした。
資料性を高めるために、画像はクリックするとすこし大き目のサイズで表示するようにした。

地上の成層圏を光速で疾走するFRニッコール75mm F1.0の姿

珍しい国内出土

ニコン研究会のサイトをご覧になっている方ならば記憶に残っているかもしれないが、 FRニッコール75mm F1.0 No. 910155は2006年5月にニコン研究会デビューを果たしている。
レンズ鏡胴にFR NIKKORとの刻印が入っていないために、 REPROニッコールと思い込んでいる方がいるが、FRニッコールが正しい。
このレンズは珍しく、海外からではなく、日本国内で保護されたものである。 国内の研究機関で使用されずに、 あるいは予備の保守部品として保存されていたような雰囲気である。
未使用のデッドストック品だった。

ニコン研究会に登場したFRニッコール75mm F1.0 No. 910155
(撮影年は2006年5月)

親ツバメと目があった瞬間

駅舎の監視カメラの上にツバメの巣

FRニッコール75mm F1.0のこと

すでにこのサイトでも取り上げているが、 リプロニッコール85mm F1.0 の生産は昭和43年(1968年)1月に開始された。 昭和52年(1977年)12月のニコン産業用レンズ価格表にも掲載されていることから、 長きに渡り生産されたものと思える。
その前身ともいうべき立ち位置に存在していたのがFRニッコール75mm F1.0だった。
製造オーダー番号64FL75。
生産期間は昭和40年(1965年)6月から昭和42年(1967年)6月。
記録によると総生産台数はたったの65本。
この種の特殊用途ニッコールレンズの中でも極めて少ない。 製造番号の最初の9101は捨て番と推測しているが、 これを否定するに十分な根拠は今のところ存在しない。

海外のオークションに何度か出現しているので数多く存在するように感じる。 が、その実体は同じレンズ(製造シリアル番号が同一)が時を変え、場所を変え、 開始価格を変えて(当然高額になる)出品されているだけのことである。
2001年から15年間の観測によると、 製造シリアル番号No. 910165を超える番号が確認できていないので、 総生産台数が資料のとおり65本であることは担保できている。

いくら希少なレンズであっても一般の写真撮影用レンズであれば、 例えばライツ社の明るい高級手磨きレンズであっても、 非常に高額だった故にだいじに保存されていて、それなりの数が流通している。
しかしながら、工業用(産業用)ニッコールレンズの場合は、 この種のレンズの宿命として、 レンズがマウントされた装置の運用期間が過ぎると、 こと日本においては装置ごと廃棄され残っていない。 ただ、比較的小さいレンズは残るケースがあった。 ネジマウントなので装置から取り外されて、 エンジニアの机の引き出しの中に残っていた運の強いレンズもいた。
あるいは、保守部品として予備の交換用部品の扱いで、 使われずに新品のまま倉庫で眠っていたケースもある。

全世界で10本程度は残っているものと推測している。
推測の根拠は、この15年の間に私が所有しているものを含めて5本市場に出現しているからだ。 そのうち2本は英国のコレクターの放出品。
高く売れることがわかれば市場に出てくるのは正しい姿ではあるが、 それにしても出現数が少ない。10本残っているとの推測は楽観しすぎだろうか。
どういうわけか、旧社会主義圏の東ヨーロパあたりで突然出てくることを観測している。 しかしよくトレースしてみると投資家の方の出品のようだ。 ひらたく言えば国際的な転売家の方。 経済活動は自由であるから、大人の感覚ではこれはこれでまあいいかなと思うが、 本当に必要と思われる人に適切な価格で渡ってほしいとするのが人情だ。
ともあれ、見かけたら保護してあげていただきたい。 日本が世界に誇る有形の工業文化遺産なのですから。

涼しい夏の朝

季節も色彩も変わる結界

美しいパープルコーティングのFRニッコール75mm F1.0

テクニカルデータ

まずは性能の概略としての緒元を見ていただこう。
当時の日本光学製工業用レンズ群の資料に掲載されているデータを示す。
画像サイズが24mm×36mm、焦点距離が75mmのレンズであって、 解像力が200本/mmというのは素晴らしい。
75mmのレンズといえば天下のライカ製アポズミクロンM 75mm F2 ASPH. が君臨している。 こういった、世界的な名レンズと比べても楽しいだろう。
50年前の古いレンズではあるが、さすが弩級の性能を有するハイエンドなレンズなのである。

−焦点距離: 75mm
−最大絞り: F1.0 (∞にて)
−最小絞り: F16
−レンズ構成: 6群8枚
−基準倍率: 1X
−標準使用倍率範囲: 0.9X - 1.1X
−色収差補正波長域: 400nm〜650nm
−口径蝕: 0% (F2、∞にて)
−歪曲収差: 0.00%
−解像力: 200本/mm
−画像サイズ: 24mm×36mm
−基準倍率における原稿から画像までの距離: 201mm
−フィルターアタッチメントサイズ: 径48mm P=0.5mm
−レンズマウント: 径53mm P=0.75mmのネジマウント
−重量: 340g

FRニッコール75mm F1.0のレンズ構成図

フロントとリア用48ミリキャップとオリジナルの本革ケース付き

製造番号55番は最後の方の製造ロットと思われる

最大絞り値 1:1.0 と並んで AR 1:2 の刻印が入る鏡胴

詳しいレンズの話

もうすこし詳しくこのレンズのことを説明したい。
しかしながら、性能データや特長などを想像や思い込みで書くわけにはいかない。
ネット上に掲載されている情報の中には、 出典が明らかでない情報の焼き直しによる焼き直しで情報が劣化しており参考にならないものもあるし、 個人の思い込みによる記述が目にあまるので、 当時の日本光学工業株式会社が発行した正式資料をそのまま以下に引用することにした。
資料を画像で貼れば事足りるが、あえて日本語のテキストに文字を起した。
googleの翻訳機能を使えば、およそ世界中の言語に翻訳できる。 きっとどこかに日本語であっても機械翻訳のソースとなるテキストを必要とする人がいることだろう。
資料の現物は下に示す。左側の2枚が日本国内版。右側の2枚が英語の海外版。

FRニッコール75mm F1.0の技術資料 (クリックで拡大します)

FRニッコールの技術資料

FRニッコールは、35ミリ判サイズをカバーする等倍撮影専用のレンズです。
画面から像面までの距離によって次の焦点距離のレンズが用意されています。

焦点距離 75mm
最大口径比 1:1.0 標準使用倍率範囲 0.9×〜1.1×
画面サイズ 35ミリ判(24×36mm)
画面から像面までの距離 201mm(1×にて)

焦点距離 150mm
最大口径比 1:1.4 標準使用倍率範囲 0.9×〜1.1×
画面サイズ 35ミリ判(24×36mm)
画面から像面までの距離 399mm(1×にて)  販売予定

35ミリ判、あるいはそれ以下の画面サイズを等倍前後の倍率で撮影する場合には、 マイクロニッコールが多く用いられています。
しかし、使用目的によっては、 明るさF3.5のマイクロニッコールよりも明るいレンズが要求されます。 この場合、単に明るさを追って、 F1.2とか、F1.4の大口径比をもつ一般写真用レンズを用いるのは必ずしも適当ではありません。
大口径の写真レンズは、通常無限遠の物体に対して設計されているため、 一般撮影においては良好な結果を示すレンズでも、 等倍撮影において良い結果を示すとはいえないからです。
FRニッコールは、 このような目的を満たすため、等倍で高い解像力をもつ明るいレンズとして設計されたものです。
従って、等倍撮影においては、 他のいかなるレンズの追従も許さぬ極めて優れた性能をもっています。

レンズの特性

等倍設計のレンズは、無限遠設計のものに比べて収差の補正が困難であるため、 その数も少なく、わずかに写真製版用あるいは複写用の数種類があるに過ぎず、 明るさもF8前後の暗いものとなりがちでした。
ところが、FRニッコールはこのような存在の考えを打破してつくられたもので、 等倍でF1.0(有効口径比でF2.0)ないしF1.4という大口径比をもっております。
高解像力で世界的に知られているマイクロニッコールと比べて、 数倍の明るさをもっているにもかかわらず、等倍撮影においては、 はるかに高い解像力を示すのが特長です。
有効FナンバーでF5.6に絞りますと、全面200本/mm以上の高解像力をうる事が出来ます。
ただし、レンズが明るく倍率による収差変化が大きいので、 使用可能な倍率範囲は0.9倍ないし、1.1倍と比較的狭い範囲に限られます。
FRニッコールのもう一つの大きな特長は、入射瞳及び射出瞳がレンズのはるか遠方にある事です。 このため入射光束及び射出光束の主光線(絞りの中心を通る光線)は、 光軸と平行に近い状態になります。

図1 入射瞳、射出瞳と光束

この性質は前のレンズ系によって作られた像をそのまま引き継いで等倍に結像させる リレーレンズとして極めて好都合なもので、他のレンズでは得られない利点です。

応用

等倍の明るいレンズとして、FRニッコールの使用法は種々考えられます。
第一には、光量の少ない現象の記録、 あるいは電子管の極めて高速度に変化する像の接写等に有用です。
第二の使用法としては、高解像力をもったフイルムの複製があります。
無限遠に近い状態でレンズを絞り込んで撮影された高解像力フィルム上の像は、 100本/mm程度の解像力をもっていると思われますが、 従来の等倍レンズは、暗い上に収差が大きくなって、 とてもこの値を再現する事ができませんでした。
しかるにFRニッコールは、 たとえ微粒子フィルムにとられたものでも細部にわたって充分再現する事ができます。 また等倍撮影の場合、えてしてピント面はつかみにくいものですが、 このレンズは明るく極めて焦点深度が浅く、容易に像面を決定する事ができます。

第三には、リレーレンズとしての使用法があります。
FRニッコールは、光速が平行に近い上にF1.0と極めて明るいため、 コンデンサーレンズを使用しないでも、 前のレンズ系による発散光束を大部分受け継ぐ事が出来ます。
通常形式のレンズは、入射瞳がほぼレンズの中心にありますので、光束を受け継ぐためには、 強度のコンデンサーレンズが必要となり、 そのため像の弯曲を生じてレンズ系のもっている解像力を低下させる原因となります。
従ってFRニッコールの性質は、リレーレンズとして極めて有利なもので、高い解像力と相まって、 像の合成がしばしば行われる映画あるいはテレビの光学系として欠く事の出来ないレンズです。
なおこのレンズをリレーレンズとして使用するには、前後の光学系との関係を考慮する必要があり、 場合によっては弱いコンデンサーを付け加えねばなりません。
レンズの配置が適当でないとケラレを生じますので 光学系を新たに組み立てる場合には遠慮なくご相談ください。

以上で、当時の日本光学工業株式会社が発行した正式資料の引用を終り。

FRの由来

ここで、レンズの刻印のことについて考察してみたい。
そもそも、FRニッコールのFRとはどういう意味か。
もちろん、スラングのFor Realではない。
1960年代中盤の日本光学工業株式会社が発行した各種技術資料を中心に、 フォトキナ発表資料(西ドイツ現地で配布された一次資料)までもあたってみた。 私が調査した限りにおいては、FRの意味が具体的に説明された資料はなかった。
しかしながら、1965年10月1日付けで当時の日本光学が製作した英文資料では、 Full Size Reproduction and Relay Lens Series (FR Nikkor Series) と説明があることから、FRニッコールとはFull size Reproductionニッコールの略である可能性が高い。
名前からして、後に続くREPROニッコールの元祖であることが理解できる。

Full Size Reproduction and Relay Lens Series (FR Nikkor Series) , 1965

ARの意味がよくわからない

次にAR 1:2 のARとはどういう意味なのだろうか。
同じように手持ちの当時資料を精査してみたが、 私が調査した限りにおいては、説明はまったく見出せなかった。
ネット上で簡単に検索で瞬時に入手できる情報、例えばwikipedia日本語版では、
「FRニッコール75mmF1 - 基準倍率1倍。リプロ・ニッコールの前身である。 AR1:2と刻印があるが、ARはAperture Relativeの略であり、 絞り環に表示された数値が基準倍率での実効F値であることを示したものである。」 と記載されている。
この点、「ARはAperture Relativeの略」を裏付けする一次資料をぜひとも拝見したい。

おそらくwikipedia日本語版は、イタリアのマルコさんの記事を参照していると思えるが、 原典・出典ソースが明らかでないので困っている。
どなたか、裏付けとなる一次資料をお持ちであれば教えていただきたい。
この点を正確に残したいと思います。
なお、一次資料とは当時の日本光学あるいは現在のニコンが発行した社史、 製品カタログ、取扱い説明書、価格表、広告等を指します。
写真雑誌などの新製品紹介記事は致命的なタイプミス (解像力を200本/mmとすべきところを100本/mmと書いてある) が見受けられ、内外を問わず参考レベルとしたいところです。

私の推測では、素直に、「ARはeffective Aperture Ratioの略」と思うのだがどうでしょうか。

ちなみに本家本元のニコン75年史・資料集の73ページ。 製品史の産業用レンズの欄にはRF75mmF1との記載がある。 これは誤りであって正しくはFR75mmF1であるが、 何事も複数の資料にあたらないとだめということがわかります。

FRニッコール75mm F1.0の使い方

本レンズをカメラにマウントする上で、きわめて重要なことがある。
FRニッコール75mm F1.0のニコンオリジナルの仕様緒元を見ると、 レンズマウントが48mm P=0.5mmのスクリューと説明されている。 だがこれは、一般に言うところのフィルターサイズ(アタッチメントサイズ)なのだ。 とうぜんメスネジである。
カメラに搭載するマウントとなると図面を見ていただくとわかるのだが、 外側のオスネジを使うことになる。径が53mm P=0.75mmのネジマウントなのだ。

FRニッコール75mm F1.0は、 リプロニッコール85mm F1.0と同じ径が53mm P=0.75mmのネジマウントであるために、 同じ専用のマウントアダプターを介してニコン一眼レフカメラに装着した。
専用のマウントアダプターについては本サイト内の こちらの記事 を参照していただきたい。

Fマウント化されたFRニッコール75mm F1.0

FRニッコール75mm F1.0が叩きだす珠玉の映像

実写のサンプルを見ていただきたい。
すでにファインダースクリーン上に明るい映像が浮き出ている。 総天然色の世界である。
ふだん見慣れたものでも、このレンズを通すとブリリアントな珠玉の映像世界が展開する。
(画像をクリックすると大き目のサイズで表示します)

さくら色に染まる季節 この品格ある清楚な写りには驚いた

さくら前線を支える生命体

桜花日本晴れ 白が純白に写る素晴らしさ

菜の花の引力 重厚な描写も得意

力強い花の重量感 空気感の写り方が特徴的

自然光線下で豊かな諧調と天然な発色

洗濯バサミの横顔 プラスチックさえも生きているように写る

明るい超高性能レンズなのに、 見た目は昨今のデジタル機用の明るいレンズ軍団に比べると、 なんとも小型で軽量である。 そのため、自然と持ち出す機会が多くなる。
缶ビール1本よりも軽いのだ。

FRニッコール75mm F1.0だと写真は軽く俳句になる

あとがき

本コンテンツは2016年11月に作成したものです。
FRニッコール75mm F1.0は、ごくわずかしか世の中に残っていないマイナーなニッコールレンズです。 ネットではレンズの名称さえも誤っており、不正確な情報が伝搬されていました。 ここで正しい情報を再確認するために、 機能の詳細からレンズを使った実際の写りまでウェブで公開することにしました。

実際の写りはご覧のとおりで、フイルムの複製用途をも狙った高性能レンズだけあって、 色彩はきわめてニュートアル、そしてダイナミックレンジの広い描写をします。
いくら珍しいレンズだからといって防湿庫の飾りとせずに、 実際にフィールドで撮影に使って楽しいレンズといえるでしょう。

なお参考のために説明しておきますが、 当サイトで公開しているニコン製品のデータ(仕様、説明、レンズ構成図等)は、 包括的に、株式会社ニコンへ正式に掲載許可申請を行い、 株式会社ニコンより正式に掲載許可を文書で得ています。
(許可申請日 2002年12月18日、許可受領日 2003年 6月13日)

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2016