COM-Nikkor 37mm F1.4 Super Recording Lens

スーパーレコーディングレンズCOMニッコール37mm F1.4とソニーTC-D5 PRO II

COMニッコール37mm F1.4

なかなか実物が出て来ない珍しい部類のレンズだと思う。
私がこのウェブサイトを立ち上げた2001年の話であるが、 COMニッコール37mm F1.4に関する画像はもちろん情報も見出すことはできなかった。
当時は、COM-NIKKORをキーワードとしてGoogleで検索すると、 「COMは一般すぎる言葉」という警告メッセージが出て検索することが仕様上できなかった。 Googleが日本で使われ始めた頃の話である。 現在ではこういった制限はなく検索することができるが。

ソニーの古いカセットテープデッキの上にCOMニッコール37mm F1.4

いまどき磁気録音再生方式のカセットテープを使っている人はきわめて少ないと思うが、 そのゆったり気分の音質は捨てがたく、 いまだソニーのカセットテープレコーダーを愛用している。
むかしの「生録(ナマロク)」世代だとご存じだと思うが、 ソニーのTC-D5は磁気テープ式携帯録音機としての完成度が高い。 そんなTC-D5の上にレンズを置いてみた。

ナグラのような金属芸術

古くて新しいナグラの真空管アンプNAGRA PL-Lを通して、 ザ・バンドの「ザ・ラストワルツ」を聴いているのは、 COMニッコール37mm F1.4である。
精緻な金属の質感と究極の完成度はスイスメイド・ナグラの存在理由だ。

ナグラPL-LとCOMニッコール37mm F1.4

そのナグラのような金属の質感そのままに、アルミ色の絞りリングが、 カチリ、カチリと小気味よいクリック感で動く。 小さいが重たい鏡胴には、COM-NIKKOR 1:1.4 f=37mm M=1/8 Nikon と刻印されている。 日本光学のレンズにしては珍しく、ロッコールグリーンのコーティングだ。 手に冷たく小さい見た目よりは重いレンズである。

クロームめっきされたライカスクリューマウントの仕上がり。 リアキャップは金属削り出しの手作り品である。 なにもここまで丁寧に仕事しなくてもいいのではないかと思うが、 当時の日本光学製である。プライドが許さなかったのだろう。

ナグラのような金属感のCOMニッコール37mm F1.4

もっとすごいのは、40.5mm径のプラスチック製レンズキャップだ。
ごくふつうのレンズキャップに見えるが、なんとキャップの外周が旋盤加工してあり、 鋭角をもって精密な仕上げをしているのだ。レンズ鏡胴にピタリ合う。
きっと後年、誰かが気が付いてくれるだろうと、 密やかな期待を込めて旋盤を廻した青年もしくはおじさんがいたはずだ。 私は認めたよ。あんたの仕事を。

COMニッコール37mm F1.4は鏡胴の黒と白(クローム)のバランスが美しい。 黒いパネルに銀のスイッチが美しいマークレビンソンのハコ (D/AコンバーターNo.30.6L)と雰囲気が似ている。

マークレビンソンとCOMニッコール37mm F1.4

このレンズは何者か

日本光学の資料によると 「COMとは、Computer Output Microfilmingの略称であり、 電子計算機から取り出される大量の情報を、高速度で直接マイクロフィルムに記録して分類、 保管、輸送、検索、再生等を容易にしようとするものです」と説明されている。
CRT(陰極線管)の蛍光面上に表示された情報を、 マイクロフィルムに縮小撮影するための大口径比、高解像度レンズなのである。

1960年代後期から70年代初頭。
汎用機でいえばFACOM 230-60から230-75の時代か。
今考えると信じられないことだが、FACOM 230-75の外観は木目調のキャビネットだった。 タタミ一畳くらいの大型の操作パネルには、びっしりとランプとトグルスイッチが埋め込まれていた。 空前の8進数マシンが動き出すと、この世のものとは思えない美しくランプが高速点滅し、 まるでSF映画に出てくる電子頭脳のようだった。
この時代を境に、コンピューターの外観はただの箱になってしまうが。

COMニッコール37mm F1.4は、 この当時のデジタル電子計算機のプアな表示装置画面をトレースするのに使われたのだ。 表示管に浮かび上がるみどり色の文字列をマイクロフィルムに撮影した。 感度の低いマイクロフィルムには、 開放値F1.4の明るい高速超高解像度レンズが必要だったのだろう。

仕様

レンズの保護とほぼ同じ時期に、 ロサンゼルスからCOMニッコールの英語版資料が届いた。
日本で発行されたレンズ資料では見出せなかったレンズ構成図などの情報も含まれるが、 概要をまとめてみたい。

−焦点距離: 37.2mm
−最小絞り: F8
−レンズ構成: 6群8枚
−基準倍率: 1/8X
−画角: 20度45分
−色収差補正波長域: 400nm〜650nm
−歪曲収差: +0.07%
−画像サイズ: 15mmφ
−原稿サイズ: 120mmφ
−基準倍率における原稿から画像までの距離: 351mm
−重量: 300g

ザ・ラストワルツ

このレンズはカリフォルニア州はベンチュラで出土し、 ニューヨーク経由で日本に帰ってきた。
残念ながら日本では、もう絶滅したレンズである。1本も存在しない。
しかしまだ、海外ならばひっそりと生きている可能性はある。
まだ遅くはない。全世界から絶滅する前に救い出さなくてはならない。

ザ・ラストワルツは終焉ではなく、過去を見直した新しい創造がテーマだ。
ナグラのオープンリール・テープ録音機でしか聴こえない音があると、 かたくなに磁気録音テープにこだわる人たちもいる。 精密な音が音楽かと問い詰める人たちだ。
私の場合はかなりゆるい趣味なので、 ソニーの古いカセットテープデッキで昭和の古典楽曲を聴いている。
時代遅れもアナクロも、非日常的な趣味の選択は、大人の特権だ。
たった1本のスーパーレンズで幸せな気分になれるのだったら、安いものだ。
レンズから音楽が聴こえてくる。それはそれで、そういうものなのである。

昭和の古い曲を昭和の古いカセットテープで聴く昭和の古いレンズ

新品デッドストック

下の写真には、コレクター用語でいうところの、 新品元箱付きの姿である。
ニッコールゴールドの紙のハコ(金箱と言う方もいる)には、 IBM電動タイプライターの活字でレンズ名が打ってある。 印刷ではないのがキメだ。
発泡スチロールの梱包材で固め、 ビニール袋にはスポンジのクッションと、 ニコンシリカゲルがレンズをキープしている。 これはこれで、こういうものなのである。

新品デッドストックだったCOMニッコール37mm F1.4

2016年の追記

このコンテンツは2002年6月当時に書いたものがベースになっています。
2016年の見直しにあたり、画像はストーリー展開にふさわしいものに変更し、差し替えしてあります。 公開当時は2枚きりの画像でしたが、当時の画像に加えて、その後に撮影した画像を盛り込みました。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2002, 2016