管理人室

このサイトについて

当ウェブサイト、RED BOOK NIKKOR を訪問いただき、ありがとうございます。
当サイトは、
ウルトラマイクロニッコール、リプロニッコール、CRTニッコール、 Nikon大型マクロ写真撮影装置用マクロニッコール、 アポニッコール、アポELニッコール、ELニッコール、FRニッコール、 COMニッコール、マイクロフィルム撮影用マイクロニッコール、REGNOニッコール、 ほか、日本光学製各種産業用レンズおよび工業用レンズや極超高解像度レンズ愛好家のための、
世界で唯一(注)の専門サイトです。 (注:2001年現在。2016年も同じ)。

日本語版の公開は2001年10月から、英語版の公開は2002年1月から開始しました。
サイトの設立コンセプトは、 「 サイト設立宣言 」を参照してください。

サイト運営者

当サイトは、工業用ニッコールレンズ研究家の秋山満夫が運営しています。
当サイトは、株式会社ニコンおよびニコン関係会社が提供するサイトではありません。
秋山満夫は、株式会社ニコンおよびニコン関係会社の社員、元社員ではありません。

著作権およびリンクなど

当サイトで公開しているニコン製品のデータ(仕様、説明、レンズ構成図等)は、 株式会社ニコンへ正式に掲載許可申請を行い、 株式会社ニコンより正式に掲載許可を得ています。
(許可申請日 2002年12月18日、許可受領日 2003年 6月13日)

リンクは自由に貼っていただいてかまいませんが、連絡いただけるとうれしいです。
ただし、本サイトで使用している画像や文書は作者のオリジナル撮影、 オリジナル執筆です。
一部の画像は協力者の方の承諾を得て、掲載させていただいているものです。 一部の文章は世界的な科学者や研究者からご寄稿いただいたものです。 したがいまして、無断での掲載はお断りします。

お願い

本サイトでは、もうすでに製造・販売されていないレンズの情報を扱っています。
また、これらのレンズは民生用でないものが多く、 中古カメラ店やクラシックカメラショップなどで一般に流通していないものがほとんどです。
しかし、掲載しているデータは一次資料で裏付けを取りできる限り正確に、 そしてエピソードは事実に基づいて執筆していますし、 今後も継続していきたいと考えています。
ぜひ、これらの歴史的名品であるレンズの資料や情報をお持ちの方、 同好の方は一報ください。 レンズの製造に関わった方や、実際にレンズが搭載された機器を扱ったことがある方の、 「当時の情報」をお知らせください。

サイト運営者のプロフィール

初めて自分で買った自分のためのカメラが「あこがれのブラックニコンF」。
1973年の初夏のことでした。
いらいニコンFにすっかりはまり、どこに出かけるにもニコンを肩にした生活が始まりました。
ニコンFとF2T。50mm F1.4に交換レンズは28mm F3.5と105mm F2.5。 フィルムはトライXかコダクローム64。 このシンプルで軽快な装備で長く写真を楽しんでいました。
あるとき、 むかし東京は南青山にあった伝説のカメラ美術骨董商「レチナハウス」の店長から、 一眼レフ用レンズとはまるで異なる1本のレンズを入手しました。
リプロニッコール85mm F1.0でした。 この不思議な高速レンズがきっかけで、私の工業用ニッコールレンズ探求の道が始まりました。

人知れず存在していた特殊用途ニッコールレンズの研究と顕彰活動を行いながら、 ネットを中心に情報を発信しています。

所属団体:
ニコン研究会 (常務理事です。ようするに世話人ということです)
ニッコールクラブ (継続30年表彰をいただきました。東京デジタル支部所属)
NHS  (The Nikon Historical Society, 本部米国)

連絡先

秋山満夫のメールアドレスは、hfd00673(at)nifty.com です。 (at)=@

秋山 満夫
Akiyama Michio

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2016