MACRO Nikkor 12cm F6.3 in Woods

見得を切るマクロニッコール12cm F6.3の立ち姿にマクロ派も納得

オオムラサキ色の涼紫光

このレンズのコーティングを見てほしい。 現代ではもう作れない深く硬質のアメジストパープルコーティングはオオムラサキの羽根の色。 しみじみと、しみじみと、しみぢみ涼紫光。

夏涼しい軽井沢の小さい森に三脚を立て、レッドラインニッコールを風に向けた。 静かだが、レンズは木々を通して遠景を見ている。 ニコンの旧型のベローズ装置はニコンPB-4。 あおり機構が組み込まれているので、たのもしい存在だ。

アメジストパープルコーティングのレンズ前玉
(撮影年は2001年8月)

ベローズをほぼ伸ばしたこの状態で等倍(撮影倍率1倍)

ぜいたくな山岳レンズ

マクロニッコール12cm F6.3は、ライカL39スクリューマウントである。 L-F接続リングを介してかんたんにFマウントのカメラに装着できる。 ベローズや中間リングなどを併用することにはなるが、無限遠がきちんと出る。

このレンズ1本で、山岳写真も、人物群像も、もちろんマクロ撮影までこなす万能レンズ。 もともと大判カメラ(4×5インチ判)用のレンズなので、イメージサークルは巨大である。 それを35ミリ一眼レフカメラで使う。なんともぜいたく。 ぜいたくな時間は、シンプルなレンズできまる。 このレンズのアメジストパープルのコーティングに写る森の静寂は、たいせつにしたい。

シンプルなレンズにニコンベローズPB-4

ニコンベローズPB-4の使い方(水平作法)

センチ表記のプライド

ふと旅に出たくなるレンズがある。 こういうストイックでオーバースペックなハイエンドレンズをバッグに入れてしまうと、 蒸発してしまいそうになるので要注意である。

時代は1990年代(注)に入っても、 最後の最後まで頑固にセンチ表記をしていた唯一のニッコールレンズであることをここに記しておきたい。 日本光学スピリットをひそかに残した、意地とプライドの現れだ。 赤いラインのレッドラインニッコール。 万能レンズとしてマニヤの間でも隠れた人気がある。評価も高い。 山岳写真家と自然科学写真家には必携の超高解像力レンズだ。

(注)
マルチフォト装置そのものが顕微鏡の製品カタログに掲載され、 現行製品として販売されていた最終は、1996年前後ではないかと推測します。 私の手元には1993年印刷の使用説明書と価格表があります。

いろいろ設定してみてベローズ操作に慣れるのが重要

ニコンベローズPB-4を駆使した自由なマクロ拡大撮影の楽しみ

奥が深いニコンベローズPB-4の機能

木陰にいてもさまになるニコンベローズPB-4

街の中でも大活躍

小型で軽量なカメラの装備は、街の中でも軽快で、フットワークよく活躍できる。 ニコンの古い一眼レフカメラならば、マクロニッコール12cm F6.3がよくなじむ。 夏休みは八月の東京リバーサイドをカメラを持って佃から月島へと歩いた。 首都圏に住むクラシックカメラファンならば、よく知られている場所にカメラを置いてみた。

古いニコンカメラにマクロニッコール12cm F6.3
(撮影年は2002年8月)

撮影作法

マクロニッコール12cm F6.3はベローズに装着してカメラにマウントするのが標準的な使い方だが、 ベローズを使わずに無限遠が出るセットを春の草陰に置いてみた。

自然科学写真家のためのマクロニッコール12cm F6.3

ライカL39スクリューマウントをニコンFマウントに変換するために、 BORG製のM42ヘリコイドシステムを使用した。 長さが足りないので延長筒の代わりに手元にあったマイクロニッコール用のM2リングで伸ばす。 これでピタリとフォーカスが出る。

なお、このBORG製のM42ヘリコイドシステムは2019年現在でも現行販売品である。 一眼レフからミラーレスカメラの時代になっても活用できるわけだから、 派手ではないけど隠れた継続的な需要に支えられ非常に息の長い製品と言える。

40.5mm NC フィルターとレンズフード HN-N103

レンズ先端には40.5mmのステップアップリングを装着。 この40.5mmステップアップリングは2003年に専門家に造っていただいたプライベート特注品 (マクロニッコールの特殊なネジ径38mm P=0.5を40.5mm P=0.5に変換)。

フィルターとフードは「Nikon 1」シリーズ用の現行品をセレクト。 40.5mmニュートラルカラー NCフィルターとねじ込み式レンズフード HN-N103 を付けている。 まるでマクロニッコール用に用意されたのではと思えるほどピタリときまる。

ベローズを使う場合はどうしても三脚が必須となるが、 こういった軽みのセットであれば手持ち撮影が可能なので軽快な写真散歩となる。 マクロニッコールが装着されたマルチフォト装置は研究室とか実験室の住人だった。 でもこうやって、その高性能マクロ専用レンズだけでもフィールドに持ち出し、 自然光線下で気軽に撮影を楽しむのはレンズのためにもよいだろう。

春の草陰の中で渋く輝く赤帯レンズ

このローアングルで、地べたに寝ころび、 なあんにも考えていないようにみえる無名の草草の生命体と対峙すると、 まだ旅の途中のような気がして、 じゃあ白鶴の熱燗二合で思想しようが、 キンミヤでスノッブな気分に浸るのもよし、 どういうわけか今は珍重されているザ付きのロイヤルハウスホールドのお湯割りでいくという、 スケールの小さい決意表明が冥王星の軌道の先の希望であって、 きのうの現実とあしたの彼岸は見えないだらう。

さてこれを、googleの外国語翻訳で、日本語からラトビア語やボスニア語に変換している皆様各位にはすみません。 この日本語言語の周波数ずれ気味の、地球の重力から離れたことばは意味不明になってしまうと思う。

2019年のあとがき

オリジナルのコンテンツは2001年10月に書いたものです。 最初の記事では画像を1枚きり掲載していましたが、 2016年と2017年の見直しでは画像を大幅に追加しました。 多少フライング気味の言及もありますが、そのままにしておきました。

昔話か解説気味な話になりますが、 後半に出てくる画像の銀色のフットボールみたいな物体は、 写真家の田中長徳さんが当時主宰されていたカメラファンの集い「アルパ研究会」 の会場としていた集会場があった建物の入口にあるモニュメントです。 建物の名は大川端リバーシティ21。 モニュメントは正式には「風の卵」と名前が付いているようです。 都内は大江戸線の月島駅のすぐ近くです。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Michio Akiyama, Tokyo Japan 2001, 2019