Ultra Micro Nikkor 55mm F2 Two of Us

Ultra-Micro-Nikkor 55mm F2 Super High Resolution Superb Lens

美しいものは高性能

ウルトラマイクロニッコール55mm F2を2本置いてみる。
もともと、ウルトラマイクロニッコールはすべて美しい。
様式美が完結しているところは、さすがというしかない。

美しさの原点は鏡胴にある。じつに頑強に造られている。
超高精度なレンズブロックを収納するためには、 オーバースペックに思える真鍮削り出し鏡胴が必要だったのだ。 L39ライカスクリューマウントの加工は、極限まで精度が高い。 鏡胴の後半がクロームめっきの金属ブロックになっている構成は、 1960年代だから造れた美術品だ。

前期時代のウルトラマイクロニッコールは、絞りがあったので、 カメラファンにはなじみやすい。
絞りも半絞りづつ小気味よいクリックがあり、 より精密感をかんじる仕組みになっている。
美しさはレンズのコーティングにも表れている。
太古の群青から、山清水の蒼く清い、パープルバイオレット・コーティングだ。
美しいものは高性能といわれるが、 ウルトラマイクロニッコールを手に取り眺めてみると、事実であることがわかる。

美しいパープルバイオレット・コーティング

優れたメイド・イン・ジャパン (撮影年は2002年1月)

はかない命

私のこれまでの調査では、 日本国内でウルトラマイクロニッコールが保存されている事実はない。 おそらく1970年代なら捕獲できたかもしれないが、もはや絶滅したと推測される。
救済するのが遅かったのか。

いや違う、日本では前時代の装置を破壊するのが、あまりにも早すぎるのだ。
米国からの報告によると、ウルトラマイクロニッコール55mm F2を装着した測定機器を つい最近まで工場で使っていたという。 使っていた技術者本人からの情報であるから確かだろう。
「あのレンズは本当にすごかった」と語っていたが、わかる人はわかっていたようだ。

ここに写っている2本のウルトラマイクロニッコール55mm F2はともに前期型だ。
後期型になると、レッドポイント(赤い倍率表示)が刻印される。
M=1/4と赤い刻印があるのはレンズ番号No.560000番代で見られる。
レンズ番号No.550824とNo.550365では、外観上の違いはない。

2本とも海外から里帰りしたものだ。
左のレンズ(No.550824)はオランダから、 そして右のレンズ(No.550365)はイタリアから帰ってきた。 ものをだいじにするヨーロッパ諸国にいて生き延びていたレンズである。
私は、「よく生きていたね」と声をかけた。

希少性ゆえに消える運命なのか、希少性ゆえに残るケースもある。
そのためには、情報が重要である。 さいきんの例では、 ウルトラマイクロニッコール55mm F2がオーストリアのウイーンに出現したのを確認した。
さすがに3本目は捕獲しきれなかったのだが、 本ウェブサイト経由の情報により、このレンズは日本の同好の方の手に渡りよかったと思う。

夏の終りの気配

秋空にウルトラマイクロニッコール

デジタルでよみがえる超高性能

米国の著名な自然写真家の方は、 ウルトラマイクロニッコール55mm F2をニコンD1およびニコンD1Xと組み合わせて、 非常にクオリテイの高いマクロ撮影を行っている。
彼のウルトラマイクロニッコール55mm F2に対する評価はベタ誉めである。
開放から目ざましく鋭い、ずば抜けたレンズと断言しているが、 ウルトラマイクロニッコールに傾倒している職業写真家がいることは心強い。

説明するまでもなく、ニコンD1およびニコンD1Xは一眼レフ式のデジタルカメラだ。
デジタルで、前時代のスーパーハイエンドレンズがよみがえるのは、すばらしい。
もちろん現在でもニコンをはじめ各社から性能のよいマクロレンズが販売されているが、 高性能を越えて、極超高性能となると、 1960年代に製造されたウルトラマイクロニッコールしか選択肢がないのである。

超マクロ撮影では、条件がごくわずか変わっただけで写りが変わるほどシビアである。
こういった状況では、デジタルカメラの即時性が非常に効果的だ。
撮影してすぐ写りが確認できるため、その場で撮影条件の見直しが可能であり、 狙った映像をかくじつに記録することができる。

デジタルでウルトラマイクロニッコールがよみがえるのはうれしいことだ。
これはただの懐古趣味とか物好きではなく、超高性能を手にするためによみがえるのだから、 ウルトラマイクロニッコールの名誉回復といえる。
本物は朽ちないとは、こういうことなのだ。

テクニカルデータ

ウルトラマイクロニッコール55mm F2の性能緒元をみてみよう。

−焦点距離: 55.8mm
−最大絞り: F2
−最小絞り: F8
−レンズ構成: 6群8枚
−基準倍率: 1/4X
−色収差補正波長域: 546.1nm (e-line)
−歪曲収差: 0.000%
−解像力: 500本/mm (12mmφ)
−画像サイズ: 12mmφ
−原稿サイズ: 48mmφ
−基準倍率における原稿から画像までの距離: 315mm
−重量: 325g

見た目は小さいが本物志向のマクロレンズ

マクロ写真家にとっては最良の選択

不思議な妖気

ウルトラマイクロニッコール55mm F2を2本置いてみる。
空気がかわる。
レンズの持つ清浄作用のせいかもしれない。
地磁気の位置関係が動き、地球の存在に気がつく。 この、不思議な妖気はなんだ。

パープルバイオレットのコーティングも、いよいよ輝いてきた。
ガラスと金属でできた物体としてみたら、これはただのレンズであるが、 人間の想いとか魂の連鎖に光をみるならば、 レンズではなく豊穣の光装置に昇華していることに気がつく。

ウルトラマイクロニッコール55mm F2。 まだ捕獲の可能性が28mm F1.8に次いで高い。
世界のどこかで眠っている。寝た子を起こせ、と人はいう。
寝たまま、光を見ずに葬ることは人のすることではない。

深淵なパープルバイオレットのコーティング

ウルトラマイクロニッコール55mm F2で撮る

実際にカメラにレンズをマウントし、自然光線の下で撮影してみた。
ウルトラマイクロニッコール55mm F2は、L39ライカスクリューマウントだ。 特別のマウントアダプターを必要とせず、 市販のニコン純正のL-F接続リングを介してニコン一眼レフに装着した。 レンズはリバースせずに順方向にマウントしている。

この作例では、ウルトラマイクロニッコール専用のニコンe線フィルターを装着して撮影してみた。 ニコンe線フィルターは、コレクター的には非常に珍しいアイテムではあるが、 外観をみると、淡いオレンジ色のフィルターにしかすぎない。
詳しい話は本サイトの UMN 珍しい専用e線フィルターの話 を参照していただきたい。

さて、思いのほか、昭和の総天然色な重厚な色彩が出たと思っている。
今となっては古典的・歴史的フィルムの話ではあるが、デイライトのコダクローム25の色彩世界なのである。 黄色とか赤が重厚こってり1950年代の豊かなアメリカ風景な色彩だ。
実写画像をクリックすると少し大き目のサイズの画像が出ます。

此岸からみた彼岸の赤の風景
Ultra Micro Nikkor 55mm F2, Powered by Nikon e-line (546.074 nm) Filter

豊饒なる稲の国
Ultra Micro Nikkor 55mm F2, Powered by Nikon e-line (546.074 nm) Filter

日本はお米でできている
Ultra Micro Nikkor 55mm F2, Powered by Nikon e-line (546.074 nm) Filter

黄金の国 夢の輝き
Ultra Micro Nikkor 55mm F2, Powered by Nikon e-line (546.074 nm) Filter

第11族元素 原子番号79
Ultra Micro Nikkor 55mm F2, Powered by Nikon e-line (546.074 nm) Filter

2016年の追記

オリジナルのコンテンツは2002年1月当時のものです。
2016年現在、ふり返ってみると、カメラの世界の事情は激変しました。
この当時の文章では、いちいちデジタル一眼レフと限定して利点を述べてみたり、 現在では今さらながらの話が盛り込まれています。 まだフィルム式の一眼レフカメラの方が主流であって、性能的にも優位であった頃です。
そんな背景から、本コンテンツには今となっては見当違いな見解も述べられています。
取り上げているデジタル一眼レフの機種も今となってはいかにも古い。
しかしながら、サイト設立直後の雰囲気と状況理解のために、このまま置いておくことにします。

2016年の見直しでは、当時1枚のみであった画像に、さらに未公開の画像を追加しました。
実写画像もこの機会に掲載しましたのでご覧ください。
e線フィルターを使うという少々レアな撮影環境ではありますが、 なにか上昇気流な昭和の総天然色な夢が写っているような気がします。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2002, 2016