Ultra Micro Nikkor 125mm F2.8 THE LENS

ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8
(撮影年は2001年12月)

ザ・レンズ

森にレンズを置きに行く。
レンズも生き物であるから、空気が必要だ。

ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8 を手にすると、 なんともたくましい重量感に圧倒される。
開放絞りはF2.8。最小絞りがF8。半絞りのクリックがついている。
絞りは真円。15枚羽根の精密な仕上げ。
鏡胴のローレット加工はほれぼれする工業工芸美術品規格の出来栄えだ。
性能は理想レンズの測定限界を超えて、ウルトラたるゆえんのハイエンド。

新しい切り株の上にそっとレンズを置いてみた。
森にいてあたりを威圧する。
それほど力まなくてもいいのではないかとレンズに声をかけると、 森にいて緊張する場違いに気がついたのか、 しずかに美しいコーティングに天空を透過させた。

森にレンズを置きに行く

孤高の存在

世界のうごきとはかんけいない。
いま復活したのがウルトラマイクロニッコールだ。
全世界のウエブサイトでも、ウルトラマイクロニッコールの専門サイトは無い。
ウルトラマイクロニッコール。日本光学がつくりあげた世界唯一の製品だった。
競争する相手がいない。つくれば売れた。世界中に出荷された。

秋の稲田に輝く存在感のある重厚なレンズ

時代はまだレンズ単体での販売しか思いつかなかった。
日本光学のドル箱レンズは、高くても売れた。
この時代のレンズは、まだマシンというより人間の使う装置だった。
上等を超えて美術品のような鏡胴の金属加工、磨き上げられた光学ガラス。
とくべつの、きわめてとくべつに厳選されたガラス素材だけを使っている。
1点の気泡のないのはあたりまえだが、 光学限界に挑戦するガラスはどこまでもレンズである義務があった。 ザ・レンズと言われるゆえんだ。

ウルトラマイクロニッコールは孤高の存在だった

世界唯一の超技術

日常を排し、ハイエンド。限界の先にある極超高解像度の世界。
卓越した技と誇りを持つ人間のみが実現できる製造技術。
設計以上の高性能を実現した世界唯一の日本製品が ザ・レンズ、ウルトラマイクロニッコールだ。 夢のような極超高解像度レンズが単品で販売されていた時代は、 そう長くは続かない。

この先はレンズと機械をいっしょに売る体制となり、ステッパー開発に向かった。
レンズ性能はさらに限界に挑むものであったが、 レンズの味、風景というものは時代のウルトラマイクロニッコールが最後である。
ステッパーの時代になると、マシンの一体となり、レンズは名を持たない。
名前のないレンズのようなものが取り付けられる時代になってしまった。
これは時代の趨勢でもあった。レンズはレンズではなくなった。

人生を軌道修正

いま私は、1965年に稲妻のようにデビューした ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8と対峙している。 レンズを森に置いてみた。豊饒の田園にも似合うと思った。
そういうことなのである。

時空を超えて、磨き上げられたコーティングはどこまでも美しく、 音はしない。
名声をよしとせず、過去を語らず、群れない。 それがウルトラマイクロニッコールなのだ。
孤高でだれ知らず時代から消えようとしていた。
だから私は無視できない。
人生を軌道修正するレンズがあるのだ。

時空を超えて磨き上げられたレンズはどこまでも美しく音はしない

テクニカルデータ

ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8の性能緒元をみてみよう。
日本光学工業株式会社の技術資料には以下の説明がある。

「ワンショット方式によるフォト・マスク製作用レンズとして、 既に我が国はもとより、 世界各国にて使用されているウルトラマイクロニッコール105mm F2.8を改良して、 半導体ウェハーの大きさに合わせて画面サイズを広くしたレンズです。 直径28mmの範囲をカバーします。 レンズマウントは、従来の105mmレンズと同じで、作動距離も、 焦点距離の違いを撮影倍率を1/25にすることにより ほぼ同じにしてありますので、 今までに105mmを装着していたカメラに容易に取付け、使用できます。」

−焦点距離: 125mm
−最大口径比: 1 : 2.8
−最小絞り: F8
−絞り目盛り: 2.8, 4, 5.6, 8   半絞りにクリックあり
−レンズ構成: 6群7枚
−基準倍率: 1/25X
−画角: 12.3°
−色収差補正: 546nm (e-line)
−口径蝕: 0% (F2.8にて)
−歪曲収差: -0.3%
−解像力: 400本/mm
−原稿サイズ: 700mmΦ
−画像サイズ: 28mmΦ
−基準倍率における原稿から画像までの距離: 3364mm
−フィルター径: 72mm P=0.75
−マウント: 62mm P=1.0 ねじマウント
−重量: 695g
−付属品: 前後キャップ、木製格納箱入
−当時の価格:    840,000円 (1969年1月)
−当時の価格:  1,000,000円 (1974年6月)

焦点距離が125mmのレンズで解像力400本/mmとは驚愕ものである。
重量は約700g。ずしりとした重さに超高性能を実感する歴史的名レンズ。

ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8のレンズ構成図

ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8のレンズ構成図を示す。
日本光学工業株式会社が発行した正式な技術資料から転載させていただいた。
クリックするとすこし大き目の図面が出るので贅沢なレンズ構成を再確認したい。
6群7枚のきわめて端正な品格のあるレンズ構成。
前玉が凸面というのも一般の写真用望遠レンズと同じであり、安定した安心感がある。
寸法入りの図面からは、アタッチメントサイズ(フィルター径)は 72mm P=0.75ということが確認いただけるだろう。

レンズ構成図各部寸法入り

ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8による実写

実写した第一印象は、色再現性に非常に優れたレンズということだ。
記録媒体が、リバーサルフィルムであろうと、デジタルの撮像素子であろうと、 輝く被写体から総天然色のリアルで重厚な絵を正確に焼き付けことができる。
条件の厳しい光線環境で撮影をしてみたが、色収差はまったく検出できなかった。 銘にアポクロマートをうたっているわけではないが、 アポクロマートを超える馬力と描写性能を秘めていることがわかった。
実写画像をクリックすると少し大き目のサイズの画像が出ます。

専用の特注ニコンFマウントアダプターでレンズを装着

日本の秋空の下

静かに風そよぐ秋は稲田の風景

線路沿いの誰もみていない彼岸花の赤色

専用の特注ニコンFマウントアダプターでレンズを装着

季節は桜花の春

春陽光の下に華麗な色彩を放つ桜が躍動する

昭和30年代の日本映画の典型的な色彩を表現できるレンズ

コダクローム64のような重厚な発色の画像を叩き出す実力

2017年のあとがき

このコンテンツのオリジナルは2001年12月当時に書いたものです。
2005年以降には、専用のニコンFマウントアダプターを特注して、 ニコン一眼レフによる実写も試みてみました。
2016年のサイト移動に伴う大幅な見直しでは、 その後に撮りためた画像と差し替えたり追加を行いました。 ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8による実写の結果もレポートしました。
さらに2017年の改版では、テクニカルデータを整理し、レンズ構成図を追加しました。

2001年当時、最初に書いたコンテンツに1枚だけ貼った画像は以下のものです。
12月初旬の午後4時過ぎ。風が冷たい。レンズも冷えています。
100万画素、横640ピクセルの、なんとも非力なコンパクトデジタルカメラで撮影しました。
1枚の画像はたったの80キロバイトしかありません。
しかしながら、思いを込めて撮影した当時の映像は、デジタル出力は小さいながら、 絵の持つパワーと情緒は、その後追加撮影した画像には負けていません。

2001年12月に撮影したUMN 125mm F2.8の姿

従来から、レンズの外観姿を写した写真は、背景無地のスタジオで撮るものでした。 カタログでおなじみのブツ撮り写真の姿です。
2001年にこのサイトを立ち上げた時に新しい試みをしてみました。
レンズを背景無地のスタジオ室内ではなく、 屋外の自然の下にレンズを置いてみるプランです。 そもそも、レンズをカメラに装着せずに、レンズのままで青空の下に置かれている写真は 見たことがありませんでした。
森の中にレンズを置く。 このシーンは2001年当時、読者の方には新鮮に映ったようです。
レンズ前玉のコーティングに写り込む情景。背景よりも注意を払ったものです。
刻印もハッキリと明瞭に写っていることが重要です。

125ミリという焦点距離のレンズは、一般の写真用レンズでは、 クラシックだとライツのヘクトール125mm F2.5が有名です。
新しいところでは、フォクトレンダーのマクロアポランター125mm F2.5 SLでしょうか。
いずれにせよ、高性能な個性的銘玉です。
やや珍しい部類の焦点距離のレンズではありますが、 ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8の精緻で極めて自然な描写をする基本性能と、 手にした時の心地よい重量感がお気に入りで、いまでも活躍するシーンの多いレンズとなっています。

美しく輝くレンズは国宝級美術品の風格
(撮影年は2001年12月)

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2017