CRT Nikkor 55mm F1.2 High Speed Macro Lens

日本光学製ハイスピード・マクロレンズ CRT ニッコール 55mm F1.2

二つの名前

このレンズには、二つの名前がある。オリジナルのデビューは古い。
1964年に登場したのがオッシロニッコール50mm F1.2。
ニコンの社史(75年史)には50mmと掲載されているが55mmの誤植かは不明。
1960年代後期の資料に登場するのは、Oscillo-Nikkor 55mm F1.2だ。
1970年代前半のカタログでは、CRT Nikkor 55mm F1.2とリネームされている。

レンズ前玉は大きく美しい

科学技術の夢

ほんらいは、陰極線管(Cathode-Ray Tube, CRT)、 つまりオシロスコープなどの映像を撮影するために開発されたレンズである。
その当時は、 マクロレンズではない一般撮影用の明るい50mm F1.4などの標準レンズがそのまま使われていたので、 そこそこの画像品質の写真だったと思われる。
1960年代のニコンFの資料を見ると、専用のオシロスコープ撮影用のアダプター、 というかカメラ取付け装置がラインナップされていたのはご存知だと思う。

このレンズは1/5倍を基準とした近距離設計となっているため、 オシロスコープの画面に対して極めてシャープな像が得られる。 それが存在理由だった。
さて、このレンズ、1974年の価格で1本115,000円もした。
当時のサラリーマンの初任給から換算すると、やはり高価なレンズだった。
ここで疑問なのは、当時どれだけ売れたかである。

精密な金属感あふれる上質のレンズ鏡胴

核実験施設から大量放出

古い時代の電子系のエンジニアの方ならご存知のことと思うが、 いわゆるオシロスコープとかシンクロスコープの画面撮影は確かにカメラで行った。
でもレンズはこれほど高級なものを付けているのを見たことがない。
米国テクトロニクス社の数百万円するスコープのオプション。
スコープ撮影カメラは、高感度のポラロイドパックをセットし、 レンズはトミノン105mm F5.6だ。
高価な高速レンズではなく、超高感度のフィルムでカバーしているわけだ。
超高感度フィルムといってもモノクロでASA感度は1600くらいではなかったか。 ものすごい高感度だと当時は思ったが、 いまの超高感度が普通のデジタルカメラと比べるとお話にならない。

では、このような高級レンズはどこで使われたのか。
はたして、オシロスコープの画像撮影用に使われたのか。

ここに当時(1998年)のパソコン通信のログがある。 米国に駐在していた日本人のカメラファンが私と話をしているものだ。
「Nikkor-O 1:1.2 f=55mmというレンズを買いました」
「ブローカの話では、このレンズはニューメキシコにある核実験施設から放出された」
と書いてあった。
そもそも米国の核実験施設で本当に使われたのだろうか。(注)
元ソースを確かめていないのでなんとも言えないが、 1998年1月18日の書込みの話である。

(注)
米国の核実験施設で使われたとの話は、 後に歴史的事実であることがエビデンス(写真装置の実物)の出現により判明した。
詳細は、もう1つのコンテンツである CRT Nikkor 55mm F1.2 Grand Legend で説明したい。

レンズ構成図の上に実物を置いてみた

陰極線は近紫外域

このレンズのもう1つの特性がなにかを物語っている。
それは波長特性だ。
蛍光体は電子線やX線などによって加えられたエネルギーを、波長の異なった可視光線 として発光する性質を持っている。物理でおなじみの原理だ。
しかし発光する光の波長域は、蛍光体そのものの物質によって異なると共に、 添加物の種類や量によっても変わってくる。
だから、同じ種類の陰極線管でも使用されている蛍光塗料によって 発光する光の分光特性が異なっているのだ。
特に非常に高速で変化する現象を連続的に映像化するためには、 減衰が早く残像時間の短いものが要求されてくる。 像がでれでれせずに、ぱっ、ぱっ、とパルス的にキリリとしなければならない。 キビシイのである。

鮮烈な「LENS MADE IN JAPAN」の刻印が凛々しい日本製レンズ

色収差補正波長域

このような性質をもった蛍光物質は、短波長の青い光を出すものに多くて、 中には350nm程度の近紫外線を発光するものもある。
したがって、これらの光によって映像を撮影するレンズは、 当然その波長特性を考慮したものでなければならない。

とくに400nmから近紫外域の光を出す陰極線管にたいしては、 単に開放F値だけでなく、その透過率も考慮しないと かえって暗いレンズになる恐れがあるのだ。
CRT Nikkor 55mm F1.2の色収差補正波長域は400nmから650nmだ。
近接撮影がとくいなレンズという理由で、 アルプスの高峰に咲き乱れる月光下のエーデルワイスの撮影に使うだけでは、 もったいないスーパーレンズなのだ。
いや、別にお花の撮影が悪いという意味でなくて、 その本来の特性を知ってから使いたいということだ。

近距離設計

幻のUV-Nikkor 55mm F4。
いま出てくれば100万円ともいわれる超レアレンズ。
このUV-Nikkor 55mm F4は、300nmの短波長光まで透過することができるスペックだ。
だからどうした、と言われそうだけど、いちおう参考のため書いておいた。
CRT Nikkor 55mm F1.2と近紫外線との関係は、これからの研究課題となる。

マクロなのに明るいCRT Nikkor 55mm F1.2は、暗い被写体や、 明るくても極めて高速度で変化する現象の撮影などに非常に優れているは承知のことだと思う。
近距離撮影専用に設計されているので、接写や拡大撮影に威力を発揮する。

初期型と後期型

掲載した写真のレンズは、2本ともCRT Nikkor 55mm F1.2だ。
左が初期型で、右が後期型。
ボデイはまったく同じだが、レンズの刻印とコーティングが異なる。
初期型は、Nippon Kogaku Japanの刻印が入り、ゴージャスなパープルコーティング。
後期型は、Nikonの刻印が入り、グレープフルーツ・イエローコーティング。
赤いラッカーで、 M=1/5 と基準倍率が彫り込みしてあるのは美しい。

左が初期型で右が後期型

このレンズはライカスクリューマウントなので非常に万能である。 ニコン純正のL-Fリングを介してニコンボデイに装着。 重量385gというのも納得できる。6群8枚のレンズが詰まっているかんじが、たのもしい。
フィルター径が52mmなので、ニッコールオートレンズとアクセサリーが共有できる。
中古市場で見つけたら、まず確保しておくことをおすすめする。
開放でF1.2と明るい35ミリカメラ用のマクロレンズは、一般のカメラ市場には存在していない。

最も気軽に使える開放F1.2の高速マクロレンズ

近距離撮影で性能炸裂

最後にレンズの性能緒元を確認してみよう。
数値や技術特性は、日本光学株式会社提供の技術資料CRT-1を参考にさせていただいた。

−焦点距離: 54.3mm
−絞り: 開放F1.2 最小絞りF11
−レンズ構成: 6群8枚
−基準倍率: 1/5X
−色収差補正波長域: 400nm〜650nm
−歪曲収差: +0.14%
−解像力: 250本/mm
−画像サイズ: 24mm×36mm
−基準倍率における原稿から画像までの距離: 417.1mm
−重量: 385g

基準倍率での被写体から画像までの距離が417.1mmであるから、 高山植物撮影専用など、はじめからマクロ専用と割り切ること。 注目の解像力は、250本/mmである。
無限遠での撮影はレンズコンセプト上、対象外なので、これは理解しておきたい。

紫外線発光装置(ブラックライトで可)をお持ちの方は、 CRT Nikkor 55mm F1.2との組合せで、なにか、特別の撮影が実現できるか試してほしい。
蛍石やウランガラスの撮影には良いかもしれない。

ニコンの一眼レフカメラにピタリときまる

2016年の追記

このコンテンツは2001年11月当時に書いたものがベースになっています。
2016年の見直しにあたり、画像はストーリー展開にふさわしいものに変更し、差し替えしてあります。 公開当時は1枚きりの画像でしたが、当時の画像に加えて、その後に撮影した画像を盛り込みました。

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2016