COM-Nikkor 37mm F1.4 Pride of Serious Digital Poet

COM-Nikkor 37mm F1.4 and LCD Inspection Microscope

High Technology Engineering
Across the Micro Universe
Pride of Serious Digital Poet

液晶基板検査顕微鏡

COMニッコール37mm F1.4の実力を思い知らされた。
知り合いのエンジニアから、液晶基板検査顕微鏡を見せてもらった。
ノートパソコンなどのLCDを検査するための工業用顕微鏡装置だ。
その装置は地方都市の研究室は涼しい部屋に静かに置かれていた。

液晶基板検査顕微鏡 (2002年当時)

ニコン製だとオプチフォト300Dなどが有名だ。
これに大型ステージを組み込み、高精細デジタルカメラとモニター、 画像解析システムが加わるとセットでかるく1000万円を超える代物となる。
高品質モニター画面に拡大されたLCD表面の映像は美しかった。

驚愕の画像

そんな映像体験をしたあと、この世界の実践的な研究者である理学博士の小栗さんから、 ノートパソコンのLCD表面を撮影した画像が送られてきた。
彼のCOMニッコール37mm F1.4 とデジタルカメラのセットによる映像だ。
驚いた。COMニッコール37mm F1.4 の実力を思い知らされた。

彼がなにげなく撮影した画像であるが、私はこの画像を見たとき驚愕した。
まったく歪曲収差のない超拡大画像だった。 画像で見る通り、タテ・ヨコともにまっすぐ、垂直・水平なのだ。 あの高額な装置の画像を思い出した。
比べてみても、解像度、像のしまり、そしてデストーション。どれも完璧だった。
手に収まるほどの小さな撮影セットが、あの巨大なシステムと互角の勝負なのだ。

COMニッコール37mm F1.4によるノートパソコンのLCD表面の拡大撮影画像
Photo: Copyright (c) 2002, Dr. Kazumasa Oguri, All Rights Reserved.

基本性能がすべて

無機質なLCD表面の映像を掲載したのは、 現代のハイテクノロジーのデジタル詩人とくらべて、 遜色のないパワーを秘めていることを宣言したかったのだ。

−焦点距離: 37.2mm
−最小絞り: F8
−レンズ構成: 6群8枚
−基準倍率: 1/8X
−画角: 20度45分
−色収差補正波長域: 400nm〜650nm
−歪曲収差: +0.07%
−画像サイズ: 15mmφ
−原稿サイズ: 120mmφ
−基準倍率における原稿から画像までの距離: 351mm
−重量: 300g

数字で書くと、こうなる。
しかし、数字をよく見てほしい。歪曲収差は、+0.07% である。
あの伝説の名マクロレンズ、 高性能で定評のニコンSマウントのマイクロニッコール5cm F3.5ですら、 歪曲収差は0.3% なのだ。

大型液晶基板検査顕微鏡の置かれていた研究室の外は、 研究なんかどうでもいいように晴れていて、カルガモの親子が遊ぶ大きな池があった。 ちょうどお昼休み時である。 レンズの歪曲収差の話もいいが、やはりカルガモの親子は見ていてなごむ。

カルガモの親子を見守るCOMニッコール37mm F1.4

涼しきロッコールグリーンの森の音

時代は、1960年代後期から70年代初頭か。
COMニッコール37mm F1.4。
もともとCOMニッコールは、電子計算機から取り出される大量の情報を、 高速度で直接マイクロフィルムに記録するために当時開発されたレンズだ。
CRT(陰極線管)の蛍光面上に表示された情報を マイクロフィルムに縮小撮影するための大口径比、高解像度レンズである。

電子データを光学的にアナログ記録するという手法は、現代では考えられないが、 科学史、電子計算機史をさかのぼってみても、実用機の出現からたかだか50年の話であるから、 この世界の指数関数的な加速度には驚くしかない。
COM (Computer Output Microfilming) を冠したレンズは、日本光学から2本登場している。

- COM Nikkor 37mm F1.4
- COM Nikkor 88mm F2

そう。88ミリというなんとも風雅なレンズが存在している。
COMニッコール37mm F1.4のコーティングは、涼しいみどり色。
冷たいみどり色なのだ。透明感のあるロッコールグリーンのコーティング。
レンズを森の古い切り株の上に置いて音を聞いてみた。
そういう気分がCOMニッコール37mm F1.4なのだ。

ロッコールグリーンのCOMニッコール37mm F1.4

2016年の追記

このコンテンツは2002年9月当時に書いたものがベースになっています。
2016年の見直しにあたり、ストーリー展開に即した2002年当時に撮影した画像をすこし追加しました。 画像品質は今となっては見劣りしますが、 やはり当時の空気とか想いをかんじますので、あえて掲載しました。

2002年当時、私のCOMニッコール37mm F1.4は1本のみでしたが、その後に増えましたので、 そのあたりのお話をしたいと思います。

送られてきたレンズ

「このレンズはユーが持っていた方がよい」と、 米国から1本のレンズが送られて来ました。
買った時の値段はこれこれなので、同じ額を送金してくれればいいからと、 親切なんだかよくわかりませんが、 送られて来たのはなんと製造シリアル番号が1番のCOMニッコール37mm F1.4。

本サイトの「海外から読者のコレクションギャラリー」にすでに掲載済みなので、 どなたのコレクションだったかはバレバレなのですが、 1番は1番なのでよいことにします。
というわけで、勝手に増えてしまいました。
最初の頃は倍率表示の M=1/8 には赤いラッカーが入っていることがわかりました。

右は製造シリアル番号が1番のCOMニッコール37mm F1.4

山道で元気なレンズと出会う

COMニッコール37mm F1.4は小さいレンズですが、パワーが凝縮されてぎっしり詰まっている感じがします。 黒と銀色のバランスが絶妙な頑丈な鏡胴の中に、6群8枚の高性能レンズが見えます。 山道にレンズを置いてみました。なかなかの景色です。

ロッコールグリーンのコーティングはとてもクール

人の気配がない木漏れ日を通る風にレンズが涼しい

元気なレンズは人生を前向きにする

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2002, 2016