MACRO Nikkor 12cm F6.3 Spirit of Naturalist

MACRO Nikkor 12cm F6.3 Special MACRO Lens, Red Line is Spirit of Naturalist

箱根物語

森で暮らせたらいいなと思った時もあった。
げんじつには、そんな誰も住んでいないところで暮らすわけにはいかない。
仕事がある。通勤がある。残業がある。なによりも生活がある。

でもオフタイムにはオールドニコンを持って、 すこしばかりゆっくりした時間を過ごしたいと思った。 箱根登山鉄道は宮ノ下で降りた。
箱根のクラシックなリゾートホテル。
焼き立てのパンの香りが漂う朝のメインダイニング。
ホットケーキにコーヒーとオレンジジュースが朝の気分だ。

朝のテーブルの風景

朝は冷気に深呼吸。午前中は西行を読む。夜読むとかなしいからだ。
愛読書は地人書館の雑誌「天文と気象」だったのだ。趣味が渋すぎる。 ラジオ放送の第2から流れる気象通報を聞きながら天気図を書く。
個人で白塗りの百葉箱を持ちたいと思ってカタログを眺めたことがあった。 気象庁1号型の本格派は意外と高価なのである。 むかし小学校の校庭の片すみにあったあれだ。 芝生が敷かれた小さいスペースに設置されていた。
「ひゃくようそう」、などと知っているように言わないで、 これは「ひゃくようばこ」と呼ぶのが正しい。 なぜって、小学校でそう習ったからだ。安直に変えないでほしい。

午後はホテルの部屋で執筆活動。
昭和初期にこつぜんと現れた幻のボン書店に興味はつきないが、 原子間顕微鏡で標本をリアルタイムに撮影する技術の動向を調べる。
つかれたら、古い日本光学製LUR-Ke型をのぞく。
対物レンズはオリンパス光学のプラン1.3倍だ。こだわるねえ。
ツァイスのルミナー40mm F4グリーンドットを対物レンズ代わりに付けるのも粋。

サンルームのあるクラシックホテルの午後

ジャパネスク建築に似合うオールドニコン

マクロニッコール12cm F6.3で写真を楽しむ

箱根に滞在したあいだは、 小高い丘の木陰に入り込み、カメラをセットして写真を撮った。
ニコン一眼レフカメラに、マクロニッコール12cm F6.3だ。暗い。
しかし、目の前はこの明るいランドスケープだ。なんの不都合はかんじない。
軽いのがうれしい。先鋭なスペックは鮮鋭な画像を結ぶ。
当然プリセット絞りだが、急ぎ仕事のように写真を撮っているわけではないので、 まったく不便をかんじない。 気軽に中望遠レンズが使えればそれでよい。

小高い丘の木陰から広がる明るいランドスケープ

気になるこのレンズ

このレンズ、現在でも現役。
科学映画製作会社のレンズ所有リストに掲載されていたり、 水産試験場の設置備品だったりする。医学系か理科の大学だったら、もちろん現役。
このようなヨタ話をウェブでばらまいてしまい、寝た子を起こさなければいいが。
研究室のマルチフォト装置から、こつ然とレンズだけ消えたなんてないようにしたい。

ベローズ装置は面倒だと感じる方には、ヘリコイドアダプタがおすすめだ。
BORGブランドで、お手軽価格で買えるのも嬉しい。
Lマウントのレンズを、一眼レフカメラに装着できるヘリコイドリングセットだ。
カメラ誌で、よく紹介されているので、すでに入手されている方も多いだろう。

私もヘリコイドアダプタをニコンFマウントで用意している。
マクロニッコール12cm F6.3は無限も出るし、無限を超えて、冥王星までも届く。
もちろん路歩きでは、雑草生態学を実践し、名もない花を撮影するのもよい趣味だ。
マクロニッコール12cm F6.3は軽い。暗くても、この軽快さには、かなわない。

ヘリコイドアダプタで軽快に撮影

水車小屋にも似合うオールドニコン

ニコンがニコンであるために

ここだけの話、ニコン一眼レフ用レンズに、 こういった個性的なレンズが用意されると、ニコンファンがさらに増えるのではないか。
世界中のどこのカメラメーカーでも出していない。プリミティブな仕様のレンズだ。
低迷する市場のなかで、製品の差別化はマニヤに聞かないとだめだろう。
もちろん製品すべてという意味ではない。
各社似たような製品思想のなかで、1本や2本とんがった製品が存在してもいいのではないかと思う。 魚眼レンズの実質撤退。UVニッコールの隠居暮し。夜間撮影用高速レンズの沈没。

世界で唯一の正射影方式アスフェリカル魚眼レンズを生産していたのが日本光学だった。
プライドを取り戻してほしい。 差別用語をあえて言うが、女子供のつかうカメラを作ってはだめだ。 ニコンは。ヘタなんだから。

赤いラインはナチュラリストのこころ

夕食はディナーの時間となる。
リゾートホテルのメインダイニングはオープンが早い。
まだ外は明るい。宿泊客で座席はしずかに埋まってきた。
食前酒のつもりでよく冷えた甲州産の白ワイン。なんとも清涼な時間だ。

夏の夕食

さて、大人の夢をみるときは過ぎた。か。
赤いラインのレッドラインニッコール。
万能レンズ。ごく一部のわかっているマニヤでの人気は語り草。
山岳写真家と自然科学写真家には必携の超高解像度レンズだ。
極東のクラシックホテルでオールドニコンとのレンズ遊びにも風景がなじむ。
レンズは純情なのにかぎる。

赤いラインのレッドラインニッコール

2016年の追記

コンテンツの大筋は2001年11月当時に書いたものです。
当時のウェブでは画像を1枚きり掲載していましたが、 2016年の見直しにあたり、ストーリーの内容に合わせて、 その後の夏に撮影した画像と差し替えました。
差し替え分も古い時代のデジタルカメラの画像のため、 ウェブに掲載するには今となっては画像が小さく品質もあまりよくないのですが、 当時の雰囲気や気分がよく出ているのでそのまま使いました。

箱根は実際には、にぎやかな家族旅行でしたので、 ホテルのバーでスタンダードスコッチのオンザロックスを一人飲むとかのシーンは実現できませんでした。
それでもマクロニッコールを手にしたら、物語が見えてきましたので書いたものです。
冗長気味だった当時の文章は、2016年の見直しで一部削除、すこし手直し、加筆してあります。

2017年の追記

初夏の木陰で風の音を写してみました。
カメラボディには軽い小さいな高性能マクロレンズを1本きり。
古い小型三脚にのせてシンプルで簡単な撮影行です。

初夏の木陰で風の音を写す

ライカL39スクリューマウントをニコンFマウントに変換するために、 BORG製M42ヘリコイドシステムを使用しています。 カメラボデイとの中間に入っているのはマイクロニッコール用のM2リング。 このセットでピタリと無限遠から近接にかけてフォーカスが出ます。
BORG製M42ヘリコイドシステムは2017年現在でも現行販売品です。

40.5mmニュートラルカラーNCフィルターとねじ込み式レンズフード「HN-N102」

マクロニッコール12cm F6.3の先端には40.5mmのステップアップリングを装着。
この40.5mmステップアップリングは2003年に若気の至りで専門家に造っていただいたプライベート特注品 (マクロニッコールの特殊なネジ径38mm P=0.5を40.5mm P=0.5に変換)。
そして「Nikon 1」シリーズ用のフィルターとフードを着けてあります。
40.5mmニュートラルカラーNCフィルターとねじ込み式レンズフード「HN-N102」は現行品です。
もちろん40.5mmの「Nikon 1」専用キャップもあります。
これでお気楽な撮影散歩行となります。

草陰の中にマクロニッコール12cm F6.3

赤いラインのレッドラインニッコール12cm F6.3

Back to RED BOOK NIKKOR


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2001, 2017