Dr. Zyun Koana Special Exhibition, The University of Tokyo

マイクロ写真から超マイクロ写真へ

小穴先生の活躍は戦後に本格化する。
戦前の日食観測から、戦後はより産業的な、写真工業の分野での活躍が目立つ。
特に戦後に着手したマイクロ写真から、超マイクロ写真の世界に到達し、小穴先生の研究成果が輝き出す。
写真乾板をX軸とY軸に微小に移動させ、画像を写し込んでいくステップ・アンド・リピート法、 つまり現代の半導体露光装置であるステッパーの原理が、すでに手動で実現されていたことに驚く。

会場の展示のようす

解説「超マイクロ写真」

超マイクロ写真のテストチャートと撮影装置

小穴先生が製作した超マイクロ写真
昭和27年(1952年)〜昭和39年(1964年)

樋口一葉「たけくらべ」のマイクロ写真 1955年11月

マイクロ・ニッコールの原点

この展示会で、 秋山満夫が見たとたんひっくり返りそうになった1枚の資料がある。
下の画像に示すが、日本光学工業試作Rニッコール50mm F3.5の説明文書だ。
ごく少数の極超高解像力レンズマニヤの方だったら、やはり驚くだろう。
Rニッコール50mm F3.5とは、 小穴先生の依頼を受けて、 日本光学工業株式会社の東秀夫氏と脇本善司氏が設計に従事した マイクロ・ニッコール5cm F3.5の試作レンズなのだ。 このレンズは、レンジファインダーニコンの複写用・接写用レンズとして市場に出た。 この資料が作られた半年後、昭和31年(1956年)10月のことである。
Sマウントのものが中心であるが、 少数ながらライカマウントのレンズも供給された。

東秀夫氏からみると小穴先生は同窓。 そして、脇本善司氏からみると小穴先生は恩師の関係である。 この紙1枚の資料は、 小穴先生と東秀夫氏、脇本善司氏の関係、 同窓にたいする信頼感、 そして弟子の仕事に協力的な小穴先生の心づかいがよく分かる きわめて歴史的価値の高い古文書と言えるだろう。また撮影緒元も明確になった。
きわめて重要な内容が読み解ける貴重な紙1枚なのである。

日本光学工業試作Rニッコール50mm F3.5性能見本のための説明書
昭和31年(1956年)4月

日本光学工業試作Rニッコール50mm F3.5によるマイクロ写真
米国光学会誌 昭和31年(1956年)

この機会に再度文献を精査してみた。
医師であり、ニコン研究会の会員でもあった、久野幹雄先生の名著 「レンジファインダーニコンのすべて」朝日ソノラマ刊のページを追う。
発表当初は、R-ニッコールと呼ばれ、 Reproduction(複写)を意味するR文字を冠していたが、 レントゲン(Roentgen)撮影用レンズと間違えられる恐れがあったためか、 発売時にはMicro-NIKKOR Cと改められたという。

展示では、マイクロ・ニッコール5cm F3.5の現物を見ることができなかったので、 参考のためにレンズ外観の画像を掲載しておきたい。
2009年5月のニコン研究会は、マイクロニッコール特別研究だった。
市販モデルではあるが、 少数しか生産されたなかったライカスクリューマウント(Lマウント)と、 ニコンマウント(Sマウント)のレンズを並べてみた。
東秀夫氏と脇本善司氏が設計に従事し、 小穴先生が実証実験を行なった世紀の銘レンズは、 とても小粒の可愛いレンズでありながら、 今なお鮮鋭な目を保つ古武士のような存在なのである。

美しいマイクロニッコール5cm F3.5の姿(左はLマウント、右がSマウント)

「マイクロ写真情報」J.M.Aニュース特集号 昭和37年(1962年)5月2日
「田目長警懇」の5文字を解像力の標準として選ぶための資料

マイクロイメージの撮影について 昭和38年(1963年)2月

「電子計算機で光学設計 世界に誇る日本のレンズ」
週刊朝日 昭和39年(1964年)2月21日

「電子計算機で光学設計 世界に誇る日本のレンズ」原稿

「マイクロ写真」原稿
「光学技術ハンドブック」 昭和41年(1966年)10月1日

---> 次のページへ  小穴先生とウルトラ・マイクロ・ニッコール
<--- 最初のページに戻る

お願い:
本ウエブサイトに掲載されている写真画像および文章は、 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部駒場博物館館長から特別に許可を得て、 指定されたURLでのみ掲載をご承諾いただいたものです。 従いまして、本ウエブサイトに掲載されている写真画像および 文章の転載や二次利用は固く禁止します。

Back to RED BOOK NIKKOR

Powered by Nikon Coolpix P5100

Copyright Michio Akiyama, Tokyo Japan 2010, 2018