The Nikon Museum Special Exhibition "Prototype Lenses"

4基の展示ケースの後半3つ目から見ていきましょう

標準レンズ

枠組みとしては「標準レンズ」となっています。しかしながら、これはスゴイです。 世界的なニコンFコレクター(実際に世界一)の方に確認しましたが、 「話には聞いたことがあるが写真ですら見たことがない、ましてや現物が展示とは驚いた」 との檄文をいただきました。 そんなのがレア度を無視してポンと置いてあるわけです。

標準レンズの展示ケース

Nikkor-Q Auto 5cm F2.5, 1960

いきなり、これを見ろ、との狙いのようです。 5cm F2.5という渋さ。F2とかF2.8ではなく、F2.5なのです。 そしてなんと言っても驚くのが、アタッチメントサイズ、つまりフィルター径が40.5mmなのです。 画像をクリックして大きくしないとよく見えないのですが、製造シリアル番号が No. 170001 なのです。 だからどうしたと言われても困りますが、 マニヤさんには、特に海外のマニヤさんにはこのあたりにとても弱い方々が多いものです。

Nikkor-S Auto 50mm F1.2, No. 295002, 1971

Nikkor-S Auto 55mm F1.2, No. 970103, 1965

Nikkor-S Auto 58mm F1.2, No. 289003, 1972

Nikkor-S Auto 60mm F1.2, No. 187302, 1963

このレンズには反応してしまいました。 焦点距離が60mmなのです。そして明るいF1.2です。 このレンズは市場(いわゆる中古カメラ市場)に出たとの情報はありません。 そして特筆すべきは三角爪なのです。 試作なので手近にあった部品を取り付けたのかもしれませんが、 これは大きな知見が得られたと感じました。

Nikkor-S Auto 5cm F2, No. 520158, 1959

Nikkor-S Auto 5cm F1.4, No. 314102, 1961

Nikkor-S Auto 5cm F1.4。この現物の展示は非常にありがたかったです。 この道60年超の先輩筋もしくは長老筋からの伝聞によりますと、 5cm表示のF1.4レンズを1回だけ見たことがあるとのことでした。 そして、それには三角爪が付いていたと。 つまり三角爪が付いているのは、5.8cm F1.4とこの5cm F1.4だけであるとの知識がありました。

2018年2月の話ですが、 首都圏の電車の車内吊り広告にニコン100年のポスターが掲示されました。 私は2月24日に新宿駅に近づく京王線の車内で、史料として後世に残すためにその掲示状況を撮影しました。 ポスターの図柄はニコンFを持ったマリリンモンローのポートレイトです。 ニコンFの巻き戻しクランクが立ち上がっていて、一部ではその意味論が論じられたものです。 では装着しているレンズは何か。

その答えは専門家にとって即答でした。 三角爪が付いているのは、5.8cm F1.4と5cm F1.4だけ。 前玉の大きさから言って5.8cm F1.4に間違いない。 否定する材料を探すのは不可能との結論に達しました。 その判断基準となったマスターピース、基準原器としての、Nikkor-S Auto 5cm F1.4の現物の出現には、 関係者一同(私とニコンF研究家の方)、全世界で二人だけですが驚いたものです。 そもそも写真画像ですら見たことがないけれど、目撃情報だけは聞いたことがあるのレベルですから。 例えが時代遅れなのは承知で言うと「ヒマラヤの雪男」みたいなレンズなのです。

Nikkor-S Auto 50mm F1.4, No. 9971083, 1972

Nikkor-SC Auto 50mm F1.4, No. 2797001, 1973

Zoom-Nikkor Auto 40-85mm F2.8, 1973 and
Zoom-Nikkor Auto 40-85mm F3.5, 1968

Zoom-Nikkor Auto 28-56mm F3.5, 1976 and
Zoom-Nikkor Auto 35-70mm F4, 1974

AI AF Zoom-Nikkor 28-105mm F4S, 1983

AI Zoom-Nikkor 28-135mm F4-4.5S, No. 100641, 1984

AI AF Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5, No. 939202, 1979

AI AF Nikkor 80mm F2.5S (For F3AF), 1980 and
AI AF Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5S (For F3AF), 1984

AI AF Zoom-Nikkor 35-70mm F2.8S, 1986 and
AI AF Zoom-Nikkor 50-135mm F3.5S (For F3AF), 1983

望遠レンズ

さて、やっと最後の展示ケースにたどり着きました。 さくっと中を見ただけでもかなりくるものがあります。 そもそも、レンズのリアキャップの色が、 黄色だ、青色だ、みどり色だと言及している時点で話は横道にそれてしまいます。 気合を入れて軌道修正し、なにやらズームレンズのまわりに、ツノが出ていたりのギミックが気になりますが、 毅然として展示品を紹介したいと思います。

望遠レンズ

Reflex-Nikkor 250mm F8, 1973

レフレックス(反射鏡式)で250mmですか。 ともかくコンパクトな仕上がり。 しかしながらこの焦点距離でF8はやはり暗い。

Nikkor-P Auto 135mm F3.5, 1963 and
Nikkor-H Auto 85mm F1.8, 1962

AI Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8S, 1985

Nikkor-P Auto 200mm F4, 1972

Nikkor-H Auto 300mm F4.5, 1972

レンズそのものよりも黄色いリアキャップに反応してしまった取材者です。 ボデイキャップとレンズキャップがカラー化したら新たな需要を確実に開拓できると思います。 レインボーカラーを基準に、赤、オレンジ、黄、みどり、青、藍、パープル。それに白を加えて8色。 従来からある黒はそのまま。 ということで、よろしくお願いいたします。

Nikkor-H Auto 400mm F5.6, 1968

こちらもレンズリアキャップがカラー版。 青というよりも藍色でしょうか。 レンズは旧初代200mmと同じ先細の鏡胴デザイン。

Reflex-Nikkor 50cm F5, 1961

Nikkor ED 600mm F5.6, No. 104313, 1978

AI Zoom-Nikkor 70-250mm F3.5-4.5S, 1985

Reflex-Nikkor 400mm F8, 1962 and
Auto Nikkor Telephoto-Zoom 100-600mm F5.6, 1967

このツノのような焦点合わせ用のレバーが非常にユニーク。 ズームレバーも同じ仕組みで、おそらく運搬時や収納時にはレバーを倒して畳む仕組みのようです。 こんな目立つ武骨なギミックではありますが試作機としての存在感が美しい。

Very Cool Vintage Telephoto Nikkor Lenses

常設展示から

ニコンミュージアムの常設展示は日々刻刻と変化し強化されています。 重要文化財的銘品がさりげなくポンと置いてありますので注意が必要です。

THE NIKON Z SERIES

歴史的なニコンの第三世代のカメラ。ニコン Z シリーズ。
レンズのマウントで世代を区切ると、 第一世代は1948年に出現したニコンカメラ(後にニコンI型)。Sマウントでした。 第二世代は1959年。ニコンF。今もデジタル一眼レフ機に継承されているFマウント。

そして第一世代から数えること70年。 この70年目の節目である2018年に降臨したのがZマウント機。 ファーストフライトは、ニコン Z 7 と Z 6。 いよいよ第三世代のカメラが地球上で動き出しました。

Nikon Z 7 and Nikon Z 6, 2018

製造シリアル番号 No. 6400028 仰天の極最初期型ニコンF
とうぜん布幕(フォーカルプレンシャッター幕が金属ではなく布製)

ニコンF発売時は1959年のレンズの名品御三家

ニコンF2ウエムラスペシャルの本物実機
植村直己さんが実際に極地探検で使った実物

御神体 評価額60億円

魚眼/特殊用途/広角レンズ編に戻る

本レポートの最初に戻る

Return to the top page of Nikon Kenkyukai


Copyright Michio Akiyama, Tokyo Japan 2018