November 2009, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report

マウンテンニッコール 105mm F4

November 21, 2009

Nikon Kenkyukai

Tokyo Meeting

105 SPECIAL

冷気をかんじる東京は銀座の11月の空

105スペシアル

ニコ研ミーティング会場の東京・銀座は、冬のような晴天。
今回は、数字にテーマを設定してみました。 初めての試みの第1回は、105です。
105と名の付くカメラやレンズを持ち寄ることにしました。
非常にユニークなコレクションが集まりましたので紹介しましょう。

さてテーブルの上には、グレイ貼り革とクロームめっきのバランスが美しい、 初期のゼンザブロニカ。 ボデイには、 レンズシャッターの付いたニッコール105mm F3.5がマウントされています。
これと同じレンズはマーシャル・プレスにも付いているそうで、 現物を見てみました。

初期のゼンザブロニカにはニッコール105mm F3.5

マーシャル・プレスにも同じニッコール105mm F3.5が付いている

珍しいニッコールFモーター機には定番のニッコール105mm F2.5

専用フィルター付きフル装備のUVニッコール105mm F4.5

ポートレイトレンズは大口径のAIニッコール105mm F1.8

優れた描写で根強い人気のマイクロニッコール105mm F4

コムラー三兄弟と珍しいプリセットタクマー

焦点距離105mmのコムラーレンズが揃いました。
105mm F3.5、105mm F2.8そして105mm F2.0の三兄弟です。
3本集まると、それぞれの個性が見えてきます。
コレクターズコンディションのコムラー105mm F2.0は、 美しい元箱に革ケース付きです。

コムラー105mm三兄弟

コレクターズコンディションのコムラー105mm F2.0

105mmではありませんが、珍しいタクマーレンズを紹介しましょう。
プリセット絞りのオート・タクマー135mm F3.5です。
ウエブ上に数々のプリセット絞りのタクマー135mm F3.5の画像が公開されていますが、 このタイプのものは見たことがありません。
タクマーレンズにも詳しい会員も、 「初めて見た」とのことですから、かなり珍しいタクマーレンズといえるでしょう。
鏡胴がすべて黒色です。プリセット絞りの解除レバーがチャームポイントなのです。

非常に珍しいプリセット絞りの初期型オート・タクマー135mm F3.5

龍さんのプレスコーナー

歴史の報道シーンの現場に立ち会ってきた、 小秋元龍プロに105ミリ作法を聞きました。
105ミリと言えば、ご存知マウンテンニッコール。
いまでこそ話題になりますが、 販売されていた当時は安価版の105ミリレンズの位置付けでした。 しかしながら、プロフェッショナルの世界は違います。
性能がよければ使う。ただこれだけです。
ともかく実戦なのです。

高性能マウンテンニッコールと昭和36年は日本の空

1961年(昭和36年)10月。
小秋元龍プロは、四国沖で海上自衛隊航空部隊のプレス取材を敢行。
ロッキードP2V-7対潜哨戒機をとらえる。
もちろん小秋元プロは、この対潜哨戒機にプレスとして搭乗し、 最前部ガラス風防席に陣取り、報道写真撮影を行なったのです。
写真機はニコンSP。レンズはニッコール10.5cm F4マウンテン。
マニヤであれば、海上の船団の写りが気になるでしょう。
海上自衛隊機に同乗してニコンSPを操作した、 小秋元龍プロの語りはホンモノであります。
この1枚の写真は、 当時リアルタイムで活躍していた海上自衛隊航空部隊の飛行中の機体を、 近距離からとらえた珍しい報道写真なのです。

そのユニークな形状から、 趣味のレンズの感があるマウンテンニッコールですが、 昭和36年(1961年)当時に報道写真で使われていた事実を検証してみると、 小型軽量でシンプルなレンズでありながら、 寡黙なパフォーマンスを秘めた一流の名レンズであることが認識できました。

航空撮影の醍醐味を語るミスター・プレス小秋元龍プロ

1986年4月レーガン大統領訪日の取材 ロサンゼルス国際空港VIPエリアにて

小秋元プロから米国大統領取材の様子を聞くニコ研会員

報道の現場での実戦投入が確認されたマウンテンニッコール

さて次回は

次回、12月のニコ研トーキョー・ミーティングには、 スペシアルゲストの方々に登場していただくことになっています。 ともかくスペシアルゲストの方々なのです。

Return to the top page of Nikon Kenkyukai

Powered by Nikon Coolpix P5100

Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2009, 2016