December 2008, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report

Mr. Tetsuro Goto, Vice President of Nikon Imaging Company

December 20, 2008

Tokyo Meeting

Mr. SUPER NIKON

Tetsuro Goto Special

ニコン研究会12月ミーティング

銀座は師走。
明治屋ビルも年の瀬の顔をしています。
ニコン研究会12月ミーティングは銀座・京橋で開催されました。

師走の街に明治屋ビルの年末風景

サプライズゲスト

後藤哲朗氏。
株式会社ニコン 執行役員。
  映像カンパニー副プレジデント。

ニコン研究会は、12月のサプライズゲストとしてミスター・スーパーニコン、 後藤哲朗氏のご参加を打診しました。 関係者の尽力と協力により、ゲストとしてお迎えすることが実現しました。
プログラムは、ニコン研究会会員による研究成果報告から始まりました。

研究成果発表プログラムのはじまり

研究成果プログラムは、3つのプレゼンテーション・セッションで構成されました。

初芝信次会員 ニコン研究会の歩み 1981〜2008
秋山満夫会員 工業用ニッコールの楽しみ方
鈴木昭彦会員 ニコンFのカメラ番号究明

初芝信次会員によるプレゼン

鈴木昭彦会員によるプレゼン

最後は、ニコンの後藤哲朗氏から、ステッパーからコンパクトデジカメまで、 ニコンの詳しい話がプレゼンテーションされました。
北京オリンピックでは、 超高感度撮影が可能になったニコンD3と無線LAN装備が リアルタイムで大活躍したことや、 宇宙空間では、NASAに納入されたスペースニコンカメラの活躍など、 たくさんの写真画像を駆使して実に興味深い、 最高におもしろくエキサイティングな講演となりました。
とくにプロフェッショナルユース、 プレスフォトグラファーにおけるデジタルニコンへの過酷な要求仕様と使用環境、 などなど、 普段は聞くことのできない重量級のエピソードで会場は盛り上がりました。
プレゼンプログラムのシメは、 ニコンD3を讃える貴重なレア動画が大音響で公開され、 さらに大きく盛り上がりました。

後藤哲朗氏の超マニヤックなプレゼンに唖然とするニコ研会員

NASAにおけるスペースニコン特殊仕様機の活躍の様子

コーヒーブレイク

ディープな話題が続きますので、 コーヒーブレイクとなりました。
後藤哲朗氏から、ニコンの有名な「ニコンようかん」をおみやげにいただきました。 3つの味がたのしめる一口サイズのようかんです。 まろやかな「本煉」、さっぱり「柚子」、ちょっぴり塩味の「塩煉」。 ようかんはニコンに限ります。

ニコンようかんとニコンタイピンコレクション

古いニコンアイテムを楽しむ後藤氏

手に取られているのは最初期のニッコールクラブ誌です

ニコン研究会の活動記録をご覧になっています

後藤哲朗氏をたくさんのニコンD3で歓迎しました

銀座清月堂

12月は恒例のイヤーエンド・ディナー。
銀座五丁目のフレンチレンストラン銀座清月堂「LINTARO」。
いつもお世話になっています。新鮮な野菜とビーフシチューがおいしい。
ビールで乾杯して、 路島産甘い玉ネギの丸ごとローストからはじまり、 ワインがサーブされるころには、カメラ談義も全開となります。
後藤氏には、ニコン研究会特別会員銀バッジが贈呈されました。
さっそくジャケットの胸に着けていただきました。

ニコン研究会特別会員銀バッジ

ニコンワインではないようです

ニコンF3時代の話から最新のデジタル機まで話題は尽きない

ここだけの話に盛り上がるニコ研メンバー

後藤さんを囲んで記念写真

女性のギャルソンというのもへんですが、この日、 銀座清月堂でニコン研究会を担当したセルヴーズさんは、 どうもただ者ではなかったようです。
記念写真を撮る準備をしていたら、 「シャッターを押しましょうか」、とのありがたい声に、 カメラをセルヴーズさんに渡しました。
プロのフォトジャーナリストもいるメンバーにカメラを向け、 きちりと脇をしめ、手ブレていない。
彼女は、間接照明によるコントラストの強い状況を把握し、 照明が平均にまわるよう明るくしてくれ、 日の丸構図を避けるため人の配置まで指示。
手馴れたカメラ操作をみて、会員の数台のニコンD3が彼女の手に。
いずれもお見事なシャッターでありました。
ニコンD3の使い手とみたニコ研メンバーなのでした。
以下はその写真(カメラはNikon Coolpix P5100)です。

充実した1日を終えて記念写真

後藤哲朗氏も、持参のニコンD700に24mm F2.8広角レンズを装着し床の上に。
全員でカメラを取り囲み、円形画像、 魚眼レンズで撮影したような記念写真を撮ってみました。
後藤氏のニコンD700はご自分で購入されたものとか。 さらにキャッシュバックキャンペーンの前に買われたものだそうです。 レンズは、35年前に入手されたという、オートニッコール24mm F2.8。 AI改造の通好みのセレクトでありました。

後藤哲朗氏のD700で魚眼レンズ的記念写真
Photo: Copyright (c) 2008, Tetsuro Goto, Nikon, All Rights Reserved.

修復工事が完了した服部時計台(銀座和光)が美しい12月の街

特別協力:
株式会社ニコン 映像カンパニー
ニコンようかん
銀座清月堂のセルヴーズさん

Return to the top page of Nikon Kenkyukai

Powered by Nikon Coolpix P5100

Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2008, 2016