August 2008, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report

Ginza August Street 2008 Summer

August 16, 2008

Nikon Kenkyukai

Tokyo Meeting

Summer Study in Ginza

日傘の銀座

銀座には高いビルヂングがない。
夏は日差しが銀座の柳からとおいので日傘が似合う街となる。
ニコンハウスの前にも日傘が通る。
ニコン研究会八月ミーティングは銀座で開催されました。

銀座の夏は気分が涼しい

マクロニッコール19mm F2.8

ニコンFマウントのカメラに装着する目的で製造されたニッコールレンズで、 最も小さいのがマクロニッコール19mm F2.8。 正確に言うと、4×5インチ判の大型カメラ用に設計されているレンズでもあります。
イメージサークルが大きく、広範囲に高画質を保証しているレンズです。
ニコン一眼レフにはベローズなどの延長チューブがなくても、 順方向に装着し拡大撮影を行なうことができます。

ブラックペイントの美しいマクロニッコール19mm F2.8レンズ

マクロニッコール19mm F2.8は直付けできる拡大レンズ

ニコンF2最初期型

最初期型の定義が難しいところですが、アイレット (吊り管を取り付ける金属部品) がステンレスの無垢材で出来ています。
その後改善されて、アイレットは真鍮製となり、 穴の内側にステンレスのブッシュを入れたものになりました。
ここで紹介する機体は、巻き戻しクランクのつまみが固定になっているなど、 細かい特徴があります。

金属ブッシュの入っていないアイレット部

つまみ部が固定の巻き戻しクランク

夏休みの宿題について議論するニコ研会員

Return to the top page of Nikon Kenkyukai

Powered by Nikon Coolpix P5100

Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2008, 2016