August 2007, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report

MEIDI-YA, Kyobashi Tokyo, Establised in 1885

August 18, 2007

708 Nikkor 5cm F2

707 EL Nikkor 5cm

銀座・京橋

会場は銀座の先の京橋。
会場のすぐ近くに創業1885年は、クラシックな明治屋ビル。
夏八月、希少なレンズや紙ものを中心に、ディープなニコン講義が始まりました。

708ニッコール5cm F2と707 ELニッコール

今月のテーマは、非常にマニヤックに、 708ニッコール5cm F2と707 ELニッコールと限定したものでした。 ここまでニッチなテーマでも、ものが出てくるのがニコン研究会の底力です。
希少なレンズと、小物、それに時代の紙ものが並びました。

希少な小物が並ぶコレクションテーブル

2006年ウィーンでのNHS年次総会のギフト(ニコンI型ガラスブロック)

プレゼンターは左からNHS代表のロトローニ氏、ウリ・コッホ氏、ハンス氏
(c) Photo by Bill Kraus, U.S.A., 2006

708 5cm F2レンズ

ニッコール5cm F2 No. 708464 と 5cm F2 No. 708610

ニッコール5cm F2 No. 708306

珍しい番号帯のニッコール5cm F2 No. 420439

ニコンカメラ用携帯型複写装置マニュアルと封印された元箱

ニコンS型用複写装置P型と、たぶん後からネーミングされたのでしょう。
発売当時は、ニコンカメラ用携帯型複写装置となっています。
昭和29年当時は、わざわざニコンS型と限定する必要がないので、 ニコンカメラと表記されています。 ニコンカメラ用携帯型複写装置の説明は、 こちらを参照 してください。
この、操作マニュアル、取扱い説明書は、はっきり言って非常にレアな紙ものなのです。
複写装置そのものがニコンI型よりも生産台数が少ないのですから、 その取扱い説明書となるといかに少ないか、想像できるでしょう。

ニコンカメラ用携帯型複写装置マニュアルのオリジナル

世界初公開!取り扱い説明書の内容

また今回、非常に珍しい小物を発掘したとの報告がありました。
ハイエンドなコレクターなら周知のことですが、 小物と紙物はむずかしいものなのです。
S型ニコン当時の、パノラマヘッドとバブル水準器の元箱入りです。 しかも元箱は、グラシン紙のオリジナル包装、 Nippon Kogaku Tokyoシールで封印された出荷当時のまま。
中身が本当に入っているか、レントゲン撮影しないと分かりません。

厳重に封印された未開封の元箱

パノラマヘッドとバブル水準器の元箱(手書き番号封印モデル)

ヴィンテージ707オールドELニッコール

希少な707オールドELニッコールが揃いました。
オーナーは異なりますが、2本並べてみると、製造番号が5番違い。
同じ日に製造されたのでしょうか。
デジタルレンジファインダーカメラで実写してみました。
そのまま着けると、開放で5メートル位でピンが出ます。
なかなか素直な描写性能でした。
707オールドELニッコールと705ニッコールは、同じレンズ構成そのまま。 同じレンズをバレルに詰め、フォーカシング機能を付けたのが、705ニッコールなのです。

希少な707オールドELニッコール No. 70794とNo. 70799 !!!

707オールドELニッコールと705ニッコール

オールドELニッコールの素晴らしい描写性能

キヤノンFDマウントのオートニッコール

Return to the top page of Nikon Kenkyukai


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2007, 2016