NHS Members Attacked Matsuya Show, Feb. 23 2005 LIVE

February 23, 2005

NHS MEMBERS ATTACKED

MATSUYA SHOW

銀座松屋

2005年2月23日から、東京は銀座の松屋で「第27回世界の中古カメラ市」が開催されました。
会期にあわせて、NHS(ニコン・ヒストリカル・ソサエティ)の会員が、 世界から集合しました。
会場をいっしょに見てまわり、午後から松屋の屋上でミニ・コンベションの開催となりました。
当日はよいお天気に恵まれて、会場のあちらこちら、 また屋上では、熱心な情報交換と貴重なお道具拝見を楽しみました。

ショーケースの中はS型にコンでいっぱい

晴天の空は銀座

松屋のエントランス

会場はカメラファンで満員

ニコンSP黒などが並ぶケース

高価なニッコール5cm F1.1

手ごろなニコンF80, F3, F5なども

F用単2バッテリーケース

早田カメラ発行の早川通信

フィルターなど小物も充実

アサヒフレックスIAなど

アストロベルリンのパンタッカー150mm F2.3

英国のジョンさんと米国のアルさん

I AM HERE

YOU ARE THERE

ミニNHSコンベションの開会を宣言するハンスさん

屋上セッション

冬の日ざしのあたたかい屋上では、 オランダのハンス・ブラークハウス氏の呼びかけで、たくさんのニコンファンが集結しました。

米国からは、NHS創始者の一人であるビル・クラウス氏、 マイアミの大コレクターのアル・ブラディ氏。 オランダからは、ハンス・ブラークハウス氏とハンス・プロマカーズ氏です。
フランスからは3名が参加。 テリー・ラバッソ氏。パトリック・ルイランド氏、プロ写真家のアラン・エルノルト氏。 さらには英国のジョン・ミラム氏に、ベルギーのクリス・サップ氏が加わりました。

ニコン研究会からは、メンバー6名が参加しました。
松屋の初日で買ったばかりのレンズやら、カメラボデイなどが披露され、 こだわりの話で盛り上がりました。たのしい屋上ライブセッションのようすをご覧ください。

もう一人のハンスさんのウエルカムスピーチ

オランダ、フランス、ベルギーのマニヤ談義

オランダのハンスさんと英国のジョンさん

左は初参加のアランさんと常連のパトリックさん

楽しい屋上セッションが続きます

左から秋山、ビル・クラウスさん、アル・ブラディさん

川合さんは最初期のELニッコールを資料撮影

超美品のニコンS2で軽快なスナップ

話は盛り上がり楽しい時間

松屋の屋上セッションに集まった世界のニコンマニヤ 2005年

Return to the top page of Nikon Kenkyukai


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2005, 2016