May 2005, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report

Nikon F High Speed Motor Drive Camera

May 21, 2005

Ultra Micro Nikkor Lenses

Nikon F Pellicle Mirror

9 Fames Per Second

ウルトラマイクロニッコール

ニコン研究会の五月ミーティング。
初夏のみどりの木陰、都心の運河にボートも白くまぶしい季節です。

工業用ニッコールレンズ特集の第1回。
この世界の代表的な存在であるウルトラマイクロニッコールの、 長焦点モデルがいくつか紹介されました。
工業用ニッコールレンズ研究家の秋山満夫が持ち込んだ、 ウルトラマイクロニッコール125mm F2.8 ウルトラマイクロニッコール135mm F4 、 そして ウルトラマイクロニッコール155mm F4 の3本について解説と、コレクターズ情報です。
堅いクルミ材でつくられた専用収納木箱の内装は、赤いビロード張り。
数値データが手書きされた検査証に、削り出し縮緬塗装のリアレンズキャップなど、 人のぬくもりのある工業機器だったことがかんじられます。

ウルトラマイクロニッコールと工業用ニッコールレンズ

ウルトラマイクロニッコール 125mm F2.8

ウルトラマイクロニッコール 135mm F4

中央にウルトラマイクロニッコール 155mm F4

工業用ニッコールレンズ

さらに会員から、 いくつかの工業用ニッコールレンズと歴史的ニッコールレンズの紹介がありました。
まずは写りに定評のあるマクロレンズ、 CRTニッコール 55mm F1.2 です。
さらに珍しいところでは、 TVニッコール 35mm F0.9 。 デジタル一眼レフカメラに装着して、 ファインダーの開放F0.9の明るいマクロ画像を確認しました。

歴史的ニッコールレンズは、 大戦中の航空写真機に搭載された エーロニッコール 20cm F3.5
Aero-Nikkorは、日本光学ではエアロニッコールではなく、 エーロニッコールと表記しています。
まだまだ、大型カメラにマウントして活躍できそうなコンディションです。

CRTニッコール 55mm F1.2

TVニッコール 35mm F0.9

デジタル一眼レフに装着したTVニッコール 35mm F0.9

エーロニッコール 20cm F3.5

ニコンFの最初期のカタログ

ニコンFをカタログなど印刷物から掘り下げるコーナーです。
ニコン研究会会員のコレクションから、非常に珍しいごく初期のカタログが紹介されました。
クラシックカメラ専科の表紙に登場したこともある、最初期の大型カタログです。

このカタログは2種類あり、 製品の販売価格、およびカタログの発行番号・日付が、まったく記載されていないものと、 記載されているものに分類できます。
今回は、この2種類のカタログの内容を比較検討しました。
中には、詳細の説明がぎっしり詰まっています。
カタログには、ボデイ番号No.6400002のニコンFの写真が掲載されています。

最初期のころの元箱は、非常にゴージャスに造られています。 高級一眼レフカメラのオーナーになった当時のニコンファンの喜びがかんじられます。
最初期型のFULL AUTOMATIC REFLEX表記の元箱には、 5cm F2レンズ(No.520xxx)およびPat.No.刻印入りフードの、 オリジナル組み合わせニコンFが収納されています。

幻の最初期の大型カタログと取扱説明書(発行番号・日付記載なし)

大型カタログにはボデイ番号No.6400002のニコンF

2番目に発行された小型カタログの表紙

2番目に発行された小型カタログが3種類

最初期型ニコンFのゴージャスな元箱とオリジナル組み合わせ

ニコンF高速モータードライブの世界

ニコンF研究家の鈴木昭彦氏から、特別な紹介がありました。
報道用に開発された、ニコンF高速モータードライブ装置です。
テーブルの上には、未使用と思われる新品同様の、 コンクールコンデションのセットが並べられました。

ニコンF高速モータードライブカメラは、 1972年の札幌冬季オリンピックのために開発された毎秒7コマのモデルが最初です。
しかし毎秒7コマの最高速で使う場合は、ミラーアップが必要であり、 専用のクリップオンタイプのファインダースコープ(ポロプリズム単眼鏡)を装着していました。
ミラーアップをせず一眼レフの特徴を活かして撮影できないか、 もっと高速にできないか。
この課題に取り組んだのが、 半透明ミラーを使用した毎秒9コマのモデルです。
透過率65%、反射率35%の高性能極薄ガラスハーフミラーが固定されています。
ファインダーはブラックアウトせず、一眼レフの特徴を活かして撮影に専念できます。
このカメラは、1976年のモントリオールオリンピックで使用され、 数々の競技の撮影に威力を発揮しました。

このようにニコンF高速モータードライブカメラには、 7コマモデルと9コマモデルがありますが、ここで紹介するのは、 最高速タイプの9コマモデルです。
ミラーを作動させずに、毎秒9コマの高速撮影を可能にする特殊ニコンFボデイ。
大型の元箱を開けると、モーター付きの特殊ニコンFボデイ、 直流電源パック、電源接続ケーブル、幅広の布製ストラップ、 それに専用の使用説明書がセットになっています。
ボデイとモーターは工場で調整され、適合するセットで元箱に収納されています。
写真すらもめったに見ることのない稀少なカメラです。

今回掲載するニコンF高速モータードライブ9FPS完全セットの画像は、 全世界で初めてインターネット公開するものです。
電源パックの中の構成など、初公開画像をお楽しみください。

稀少なニコンFコウソクモータードライブ元箱

電気モーター付き特殊ニコンFボデイと直流電源パック

大型の元箱に一式すべてがセットされています

専用の使用説明書

使用説明書には調整し適合するボデイとモーター番号がスタンプ

未使用新品のニコンF特殊ボデイ

モーター内部には適合するボデイ番号のスタンプ

半透明固定ミーラーと封印されているミラーアップ機構

直流電源ケーブルは太くてごつい

アルミ板の削り出しの電池ケースには単三電池4本を4セット収納

Return to the top page of Nikon Kenkyukai


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2005, 2016