July 2004, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report

Super collection of the Nikkor 13.5cm F4 and F3.5

July 17, 2004

Nikkor S 13.5cm Special

東京八丁堀は七月の夏(銀座近く)

S型ニコン用望遠レンズ 13.5cm F4 & F3.5 特集

この日のテーマは、S型ニコン用の望遠レンズである 13.5cm F4およびF3.5の特集でした。
都内は夏の冷房のきいた会議室に、会員が重たいレンズを何本も持ち寄りました。
ごく初期のクローム仕上げの美しいレンズから、 黒鏡胴のレンズまで勢揃いです。
同じレンズを何本も一同に集めて、はじめて見えてくることがあります。
レンズ特集の狙いはここにあるわけです。
製造番号がNo. 6114 のレンズに注目してください。
番号の初めの611は捨て番であるから、極めて初期の、つまり4番目に作られた1本なのです。
現在世界で確認されている13.5cm F4レンズで、最も若い番号のレンズがここにあります。
すごいものが存在しているものです。

フルメタルなクロームニッコール13.5cmレンズ軍団

このメタルキャップは珍しい。銀色に輝く鏡胴は日本光学ズラリ

ビッグレンズシェイドはフルスクラッチな旋盤加工品

メートル表記の珍しいニッコール13.5センチレンズ

全世界で確認されている最も若番の製造番号4番!の13.5cm F4

陸軍九六式小航空写真機とTVニッコール35mm F0.9

今回のミーティングでは、大戦中のレアアイテムも鑑賞できました。
陸軍九六式小航空写真機の専用オリジナルフィルターです。
赤色フィルターですから、赤外線写真用でしょう。 s.k.「96」A-67の刻印があり、旧陸軍マークの国防色帆布ケースが付いています。
「96」は、陸軍96式小航空写真機の96です。製造番号も96が捨て番になっています。
さらにレアアイテムも拍車がかかり、 幻か幻想のTVニッコール35mm F0.9も登場しました。
つめたいコーヒーを飲んで、ニコンものの奥深さを再確認したミーテングでありました。

日本光学s.k.96 A-67赤外フィルター(科学朝日昭和18年光波兵器特集)

エーロ・ニッコール用s.k.96 A-67フィルターの横顔(留め金が風景)

TVニッコール35mm F0.9スーパー・レコーディングレンズ

Return to the top page of Nikon Kenkyukai


Copyright Akiyama Michio, Tokyo Japan 2004, 2016